語ろう!話題・ニュース|環境・エコ・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを豊かにする28景 スミソニアン選定


あなたを豊かにする28景 スミソニアン選定

このニュースのリスト内に、温暖化で危険の迫る遺産がありました。
昨年、子供達と調べた中に入っていた景色でした。


米スミソニアン博物館を運営する財団が発行する雑誌『スミソニアン』の新年号に、
「死ぬまでに行ってみたい28カ所」という特集が掲載された。旅慣れた編集者らが
「額を寄せて相談した」という。 「過去への入り口」「技術の偉業」など7つの分野から4カ所ずつ選ばれていて、全体的には「世界遺産」に指定されていたり、“候補”となっていたりするスポットが多いようだ。 気になる日本からは、京都・龍安寺(りょうあんじ)の石庭が選ばれた。「作者不明で、石庭の表現意図は謎だが、それが尽きることのない魅力の一つとなっている」と記してある。 「数カ所にせよ、すべてを訪れるにせよ、あなたの人生はその体験で豊かになるだろう」と編集者は言う。例えば「マチュピチュでの日の出をみたら言葉を失う」とある。

続きを読む
スポンサーサイト

<生きもの異変 温暖化の足音>(3)


<生きもの異変 温暖化の足音>(3)白化サンゴ8割 砂漠化する海

海水温度が上がり、地球温暖化の原因だけとはいえませんが、
サンゴが白化しました。団体で守ろうと会をつくり、
少し回復しつつありますが、これからも油断できません。
例年よりも平均気温が高いと実感する冬。
温暖化が進んでいると肌で感じます。


「去年の夏は最悪だった。あらゆる造礁サンゴで白化が進み、
直径1メートル級のテーブルサンゴも死んでしまった」

 エメラルドグリーンの海が広がる沖縄県の石垣島。約120種のサンゴが生息し、
世界最大級のアオサンゴ群落で有名な同島の「白保」海域でサンゴの保護調査を
続けているWWF(世界自然保護基金)ジャパンの前川聡さんは、こう話す。
続きを読む

<生きもの異変 温暖化の足音>(2)


<生きもの異変 温暖化の足音>(2)3度上昇…ライチョウ95%死滅

氷河期に取り残されてしまった生きた化石として有名です。日本では特別天然記念物に
指定され、その種を何とか守ってきました。ですが地球温暖化により危機に
さらされています。ライチョウは夏は褐色・冬は純白と季節によって羽毛の色が
変化するのが特徴です。

日本アルプスに生息するライチョウは、日本で最も温暖化の痛手を受けやすい
野生動物の代表だろう。氷河期の生き残りであるからだ。
このライチョウが減少傾向を見せている。
「25年前の調査では約3000羽。それが最新の調査では約1670羽になっています」
信州大学の鳥類学者、中村浩志教授は、ほぼ半減という現実に表情を曇らせる。
日本アルプスのうちでも、北アルプスより南アルプスのライチョウの減少が著しい。

このライチョウの話しを聞くと、身のまわりの異変に敏感にならなくてはいけない・・・
続きを読む

<生きもの異変 温暖化の足音>(1)


<生きもの異変 温暖化の足音>(1)1年に5キロ迫る亜熱帯

数年前から家族で温暖化の話しをしており、
昨年、子どもたちも温暖化について調べまとめておりました。
身近に感じるようになると、もうそこには取り戻せない状況になっていると思います。
私は雪国に住んでいますが、自分が子どもの頃よりも
冬が暖かくなり、10度以上も気温が上がっていると思います。
昔は寒かった・・・一人一人が取り組めるエコライフが必ずあるはずですよね。


地球の気候システムが変調をきたしている。この100年間で世界平均気温が0・74度、
高くなった。人間でも体温が1度上がれば寝込んでしまう。今の地球は、生命の惑星が
病んで発熱している状態にもたとえられるのだ。温暖化の影響は・・・・続きを読む

温暖化がモンゴル溶かす…永久凍土が減少


温暖化モンゴル溶かす…永久凍土が減少

■国立研、慶大チーム「20年後消失の恐れ」
 地球温暖化が進む中、モンゴルの「永久凍土」の厚さが7年間で1~2メートルも
減少していたことが24日、国立環境研究所と慶応大の共同研究で明らかになった。
20年後には観測地付近の永久凍土は完全に消失すると予測している。

永久凍土とは2年以上にわたり凍結している土のことで、
北極圏など地球の地面の15~20%を覆う。
地球が現在より寒冷だった氷河期に形成、発達したとされる。
永久凍土は、氷河や氷床を形成するような大量の降る雪が無ければ、
年平均気温が氷点下より低いあらゆる気候で形成される。


凍土が解けると、地下に蓄えられている強力な温室効果ガスのメタンが
大気中に放出され、温暖化をさらに加速させる悪循環を招く恐れも指摘されている。
続きを読む

30秒に1人先天異常の子供 中国


30秒に1人先天異常の子供 中国環境汚染の影響指摘

日本では 大きな声で叫ばれていないことですが、
データーを見ますと、少子化で子供は減っているにもかかわらず
先天異常の子供が増加しています。
原因はなんでしょうか・・・

中国で生まれつき障害のある子供の出生率が2001年の1万人当たり104.9人から、
06年には145.5人に急増していたことが、10日までの中国紙の報道で分かった。
研究者は水や大気など環境汚染の影響を指摘している。
 中国英字紙、チャイナ・デーリーによると、
国家人口計画出産委員会の江帆副主任は四川省成都で開かれた会議でこのデータを報告。
中国では先天異常の子が30秒に1人誕生しており、状況は年々悪化している」と語った。
また「(先天異常の増加は)総合国力強化や社会経済の持続的発展に直接影響する」と懸念を示した。

世の(国)の将来を背負っていく子供たち。
次の世代に続く大事な国の力になるというのは
そうなのかもしれませんが、それだけに言及するのはどうなんでしょう。
大切な命です。自分の生きる道を選択することなく誕生する子たち。
環境問題にも積極的に取り組むべきではないでしょうか。
もとを正すことが必要なんです。


続きを読む

【世界危機遺産】ガラパゴス諸島


世界危機遺産ガラパゴス諸島

世界遺産である ガラパゴス諸島は ご存知ですよね。
我が家も、世界遺産好きで 国内だけですが
少しづつ訪れています。
お子達は外国に行きたいといいますが、
それは、家庭の台所事情が年々悪くなっていまし、
まちがいなく無理なので、
お子達には富裕層になれるようがんばれ^^と言っています。
歳なのでしょうかね、一度世界遺産を訪れたときに
すっかり魅了されてしまい
それ以来、世界遺産情報には過敏になります。
まさに遺産です。どの地も いつ危機遺産になるかわかりません。
自然破壊・それだけではなく紛争。
本当に破滅危機の遺産がこれから増えるのかもしれません。
日本でも原爆ドームが高いビルなどがたち、
いつぞやの海外の遺産とリンクしているという声もきかれます。
このままでは景観問題で危機遺産になるかもしれないと
心配している話しも聞きます。
余談で申し訳ございません。

ガラパゴス諸島
続きを読む

<国連環境計画>地球環境に最大級の警告


<国連環境計画>地球環境に最大級の警告…報告書まとめる

これは以前から問題になっています。
当方もブログで意見を述べたこともありますが、
緊急を要する事柄であすが
国と国(以前も記載しましたが)のからみもあり
人類全体で取り組まなければならないのに
大変なことであるという認識が薄いですよね。
薄いというべきではないですね、
呼びかけが足りないと思います。
温暖化でこうなっています、こうなんですよ、それだけ・・?
ではどのように皆で協力すべきか、
こう取り組みましょうなどのはなしもないのでは
近い将来の切実な重大さが伝わらないんですよね。

国連環境計画(UNEP)は地球環境の変化や社会状況が
人類に与える影響などについて調査した報告「地球環境概況4」をまとめた。
現在の地球環境への対応は十分ではなく、
「このままでは人類の生存を脅かすかもしれない」とこれまでで最大級の警告をした。
25日午前(日本時間26日未明)発表する。

この人類の生存。
今、おどろくスピードで進んでいます。
 
続きを読む

温室効果ガス排出半減で上昇は2度に抑制 2050年


温室効果ガス排出半減で上昇は2度に抑制 2050年

世界の平均気温は1990年に比べて今世紀末に最悪6・4度上昇するが、温室効果ガスの排出量を2050年までに現状から半減させれば、2度程度まで抑えられ、地球温暖化による重大な被害を回避することができるとした「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の第4次統合報告書の最終案が17日、明らかになった。

この問題は本当に根の深いところでまとまらず
結局は国民にはどうしたらよいかなどは具体的には発していないですよね。
国と国との根深い論争・国と国の思惑・また産業にかかわることで、
財界の下ではこれもなかなか進まないのでしょう。
当方はお子たちがいますので、学校でも問題話題にします。
この問題には関心をもって調べたりしますので家族でも
少しは危機感もあり、できることは取り組んでいますが
そうでないご家庭や単身では危機感も薄いのではないでしょうか。それはそうです、
しっかりと国民に発信していないのですから理解も進みませんよ。


日本などが提唱している長期的な半減目標をノーベル平和賞の受賞が決まった科学者組織が
支持し、
京都議定書に定めがない2013年以降の枠組み「ポスト京都」に向けた目安を示した形。ただ、実現のためには、最短では今後10年以内に、増え続ける温室効果ガス排出量を減少に向かわせなければならず、早急な対策が急務となる。


この京都議定書がまた厳しいでしょう。これに反発する国もあり
この内容に不服な国民もいますよね



続きを読む

【コラム】 観光立国目指して


【コラム】 観光立国目指して「観光庁」誕生でも日本にそんなウリがあるの?

現在、国土交通省では「観光庁」を新設するための予算要求の原案を作成、国会での審議に向けて準備中とのこと。2003年から「ビジット・ジャパン・キャンペーン」と題して観光客誘致に力を入れている国土交通省では、2010年までに訪日外国人旅行者を1000万人とすることを目標に掲げているからだ。それにしても京都、日光以外で、外国人旅行者に人気の観光スポットってどこなんだろう?

折よく、そんなギモンを解決してくれそうなシンポジウムが開催されたので参加してみた。「訪日外客の顧客満足の向上に向けて」(主催:JATA国際観光会議)と題されたこの会では訪日外国人旅行を対象としたビジネスの現状と未来像が紹介された。


「観光庁」!??
また縦割りはいらないでしょう。と簡単に思うけど。
いったい、年間通して随時仕事があるのかなぁ
すばらしい日本の風景はたくさんあるけどね、
それをビジネスとしてまとめるとき
仕事はどれだけあるのか。
コラムを書いている方とは違うところが気になるは当方だけ?偏屈?
まあ。。。それはおいておいても、
日本の観光スポット!たくさんあるじゃないですか!!!
外国はスケールが大きいかもしれないですが
日本には日本人も是非見るべき箇所がいくつもありますよ。
案外、国内旅行って高いので
海外に旅行しがちですけどーーー
日本人なのにどうして国内旅行は高いのですか?とよく思う。
素朴にお子は「日本人が日本を見るのはどうして安くならないの?へん」と
つぶやいていたっけ。

例えば、国際観光振興機構 上海観光宣伝事務所所長・平田真幸氏のお話によれば、昨今、台湾からの観光客に人気が高い北海道ツアーは、1990年代後半から年間を通した旅行目的地となっている(今ではアジア各地やオーストラリア人にも人気)。また、これまで欧米系観光客向けと考えられていた木曽路の妻籠などが、中国人観光客の間では人気なのだとか。
続きを読む

セブンーイレブンの弁当、11月から簡易包装に


セブンーイレブンの弁当、11月から簡易包装に

セブンーイレブン・ジャパンは、2007年11月から弁当をラップで包む方式を改め、テープで止める簡易方式に順次変えていく、と10月10日発表した。07年度末までに全店で導入を予定。年間約570トンのプラスチック原料削減につながるという。

コンビニ業界でも
いつも風変わりなCMやいろいろな先手必勝ともいえる
商品や案をだすセブンイレブン
学生のときにアルバイトしていたこともあるけど
しっかりしたコンビニだと思う。
この環境問題についてもこの方針は好感がもてるね。
なかなか難しいと思われる分野だと思うけど
よくやったね!と言いたい。


異物混入や液漏れなどの恐れがあるためフタのストッパーを長めに改良した。同社では、コンビニ弁当は過剰包装という消費者の批判があるため変更を決めたとしている。
続きを読む
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。