語ろう!話題・ニュース|本・芸術・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人にとって英語とは何か


【書評】『日本人にとって英語とは何か』大谷泰照著 


■異文化理解のあり方を問う

 原稿の「げ」の字もできないうちに「お蔵入り」になってしまう不幸な企画があります。
この本も実はそうでした。ところが今春、何の前触れもなく、どさっと原稿が届きました。
「今さら……」という思いでぺらぺらめくっていくうちに、一気に最後まで。「これはすごい!」と
確信できる原稿でした。

 私たちは、海外に行けば、あるいは外国語が自由に使いこなせるようにさえなれば
世界で通用する「国際人」になれると、心のどこかで思ってはいませんか。
私たちだけではありません。初代文部大臣を務めた森有礼は明治6年、
日本語の代わりに英語を国語にしようという「英語国語化論」を提唱しました。
終戦直後の昭和21年には、
小説の神様といわれた志賀直哉もフランス語を国語にしようと提案しています。
しかし、「ことばと文化とは不可分。
外国語だけを学んでもその背後にある文化を知らなければ使い物にはならない」と著者は力説します。


当方も同じ意見です。
友人の多くが海外生活をしており、
また留学をしていた知人も多くおります。
友人から言葉の文化として話を聞きましたが
まさに文化を知らずして語れない言葉があると。
話せないよりも話せるほうがいいのも もっともですが、
文化と社会が違えば使い方も異なります。
もともと日本人は一度は断る 遠慮 が当たり前の国です。
知人が初めて外国にステイしたときに
これから食事をするから一緒に食べましょう とステイ先に言われたときに
遠慮のつもりで お断りしたそうです。
その後、何も言われず 夜までずっとお腹がすいたまま
時間を過ごしたそうです。
日本なら、そこで遠慮とわかりますので
お腹がすいているでしょう、遠慮しなくていいのよ なんて
もう一度声をかけませんか?
そうなんですよね、言葉を使えても丁寧な英語で答えても
文化がわからないので 相手にもどのような気持ちで発したのかが
伝わらないのですね。

いま日本では「英語第2公用語化論」が叫ばれ 
続きを読む
スポンサーサイト

岡田斗司夫『いつまでもデブと思うなよ』から


岡田斗司夫『いつまでもデブと思うなよ』から、情報社会について考える(1)

■その1. 岡田ダイエット本の概略:自らの「意志」に頼るな、とにかく「記録」せよ

たまには日記的な話題から始めてみたいと思います。先日筆者も遅ればせながら、岡田斗司夫氏のダイエット本、『いつまでもデブと思うなよ』(新潮新書)を読んでみました。これが評判に違わず、大変に面白い本でした。筆者もかなりデブの部類に属しているのですが、とにかく耳の痛い話&思わず頷いてしまう話の連続です。「デブはそれを太りやすい体質のせいにしがち(実は単にカロリー過多なだけ)」「デブがファミレスのメニューを開いて一番食べたいものを指差すと、必ずカロリーが高いものばかり」「デブはちょっとでも満腹感が消えるとすぐに食べてしまう(身体レベルでの満腹感を喪失している)」といったあたりは、まさに「そうそう」といった感じでした……。

この本を読まれたことのある方に是非感想をお聞きしたい
当方では最近ある固定の作家さんにはまり、
まぁ、新書などとは無縁の読書生活を数ヶ月しておりました。
山積みの書籍を読破したので
そろそろ書店でみつくろってこようかとは思っていたんですが。。。

さて、とはいうものの、今回の趣旨は、いまさらこの本の書評を展開することではありません(それらはすでに書評系ブログに大量にアップされていることですし)。ここでは、もう少し「斜め」からこの本を読んでみたいと思うのですが、まずはある程度内容を共有するために、「正面」から同書の紹介をしておきたいと思います。


斜め角度からの見解は

続きを読む
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。