納得できない母たち・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納得できない母たち


母たちで作成中、どうも納得いかない!わからない!がありました。

●編んでいたらクルクル丸まってしまうぞ●

完成したミサンガの中で、なにやらクルクルしているものがあるではありませんか。

当方は結構、かわいいなんて思ったんだけど、作っている母は「皆と違う」と不満顔。

机の上で貼り付けながら編まず、浮いたかたちで編み進めていくとクルクルなるようです。

それもまたキュートなんですけど・・・平らに仕上げたい方は固定しながら編んでね。

クルクル回転するようなミサンガを編みたい方は

編み始めの最初に三つ編み部分として残す端の糸を固定するときに

机の端^^に止めて、あとは引っ張った状態で浮いたまま編み進めてみてくだされ。

●どうしてまっすぐにならないのか●

これは練習あるのみかも。糸の結びや締め方の力が均等ではないから

どうしてもデコボコと曲がったりするみたいです。編み目の大きさがバラバラになるから

当然横幅もバラバラになり真っ直ぐな紐にならないんですね。

でも自分の手作りです、願いもこもっているんですから、いいではありませんか。

最初から完璧な人はいないですよね^^

●糸が長くてからまる●

もうイヤ~~!!とお怒りのまま412

ブチっと切り落とし ・・でこれどうしようね・・・(シュン)

なんてことを目撃。糸を長めに用意しているのでからまる。

そうなんですね、長いし、慣れないし、そこまで注意していられないし、からまると

細い糸なので手におえなくなる。

編む分を残して(編みやすい長さは20cm位かしら)、あとの残りは

指数本にクルクル巻きつけてまとまったのをクリップやゴムでまとめて編んでみてください。

編む分が少なくなりましたら まとめたものを少しづつ といていってください。

クリップは結構重みがつくので、引っ張らなくていいところでも重みで

自然に引っ張られることもあるようです。広い机の上で、作業してください。

机の端のほうで編むとクリップごと机からぶら下がってしまう。

本当は販売されている毛糸のように中から糸を引き出せる巻き方まとめ方もあります。

言葉で説明できないので・・ごめんなさい。

●ねぇねぇ・・・明日までに編みあがる?●

・・・個人差がありますしお約束はできませんが、そこまではかからないでしょう、とアンサー。

慣れた方と初めての方では、違いますよね。編み方の種類や糸の本数にもよりますしね。

初めて編んだ母で「私は不器用241」と言っていた方で、

斜め編み6本使用で2時間かかっていました。

手馴れた方でプロ顔まけの達人母は同じものを20分で編み上げていました。

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。