独禁法違反で手芸用糸「ハマナカ」・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独禁法違反で手芸用糸「ハマナカ」


独禁法違反で手芸用糸「ハマナカ」立ち入り検査 公取委

公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(再販売価格維持)の疑いで、
手芸用毛糸の通信販売会社「ハマナカ」(京都市右京区)と
東京支店(東京都中央区)など関連の約10カ所の立ち入り検査を始めた。


う~ん、これが本当なら ちょっと がっかりです。
当方、ハマナカさんの毛糸(編みぐるみを作るので)は購入していたので、
悲しい気持ちです。
まだ調査中なので くわしいことはわかりませんが
正直、ほんの小さな裏取引なんてのは個人レベルで
おこなっているところも あるのでしょう。ここに限らず。
組織的な違反は うみもでますが
個人のはなかなか表にはでない。
企業の不利益には直結しないこともありますからね。
バックをよこせ、それなら おたくを使ってあげるよ
なんて個人の取引は結構聞く。←・・・企業名はいえないけど事実知ってる180
また話が脱線してしまいました、ごめんなさい。

ところで ここのところ
不祥事のニュースがおおくてね、独禁法ってよくでてくるようになりましたね。
調べによると、ハマナカが毛糸を販売する際、
小売店に割引をさせず、自らが決めた価格を維持するよう求めたとみられる。

 独占禁止法では、生産者や供給者が卸・小売業者に再販売価格を指示し、守らせる行為を禁止している。

 独占禁止法では再販は原則違法だが、
新聞・書籍などの著作物に関しては、再販制度を維持している。
政府の行政改革委員会の規制緩和小委員会は新聞・書籍など著作物の再販問題について、
平成9年12月、「妥当性を引き続き検討する」としている。



日本における競争法は、1947年に制定された
私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律
これが独占禁止法(どくせんきんしほう)。「独禁法」と略す事もあります。を中心に構成されている。
資本主義の市場において、健全で公正な競争状態を維持するために
独占的、協調的、あるいは競争方法として不公正な行動を防ぐことを目的として定められている法。

ではでは 再販売価格維持(さいはんばいかかくいじ)とは、詳しく知らない当方。
少し調べてみましたが
ある商品の生産者または供給者が卸・小売業者に対し商品の再販売価格を指示し、
それを遵守させる行為。 再販売価格維持行為(再販行為)とも呼ぶそうです。

簡単に言えば、メーカーが小売業者に対し商品の値引き販売を許さないことをいうことなんですね・・


引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/93599/  )


スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。