奨学金事業を削減方針・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奨学金事業を削減方針


財務省 文教予算編成で奨学金事業を削減方針


奨学金といっても 知られていない(話題にならないですからね)奨学金制度もある。
今回、財務省が方針を決めたのは 学生奨学金のようなので学生支援機構のことだろうね

財務省は28日、来年度予算で文部科学省の奨学金事業予算を削減する方針を固めた。
奨学金を遊興費に転用する学生が目立ち、苦学生支援という
奨学金本来の意味が薄れつつあると判断している。奨学金を返さず、
回収不能に陥った延滞債権総額も急増、平成18年度には2000億円を突破しており、
財務省では新たな保証制度の義務化も迫る構えだ。
 文部科学省は来年度予算の概算要求で、
奨学金関係予算として前年度を約210億円上回る1439億円を計上した。
学生数は、平成19年度で全国の大学・短大生の3分の1に当たる114万人に
膨らんでおり、奨学生数の拡大を背景に奨学金関係予算は年々増加している。

確かに借りている意識のないものもいるでしょうが
本当に家庭の経済的な理由から
奨学金をうけなければならないものもいる。この点は難しいと思いますね・・・

奨学金は種類?というのがあります、 
「第一種(無利子)」と「第二種(有利子)」の間では実質的な返還額が大きく異なる実情があり、
(貸与)基準を「高校の成績」だけに求め、
大学の成績」に求めていない点には批判も少なくない。
学生の将来における数百万円にも及ぶ莫大な返還金(借金)の差異を、
実質的に「高校の成績」というわずかな一時期のみによって判断されることに対して、
公平・公正の観点から多くの疑問があるのも事実。

また知られていないけど
国費でまかなわれる奨学金制度もあるんですよね。

防衛省による貸費学生制度(自衛隊)や
矯正医官修学資金貸金の修学制度(法務省の矯正施設)や
公衆衛生修学資金貸与制度・・・


これは触れられないけど
きちんとなっているのでしょうか・・・

(引用イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/education/94818/  )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。