ミネラルウオーター 慎重に行いたい水選び・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミネラルウオーター 慎重に行いたい水選び


ミネラルウオーター 慎重に行いたい選び

最近、を飲む家庭はどのくらい いらっしゃるのでしょうか。
わが家は 田舎ですので おでも美味しいのですが
首都圏に住んでいたころの習慣で
今でも 飲料水は購入してしまいます


【竹内薫の科学・時事放談】
 最近、友人と会うたびに健康や病気の話題に花が咲く(むしろ、萎(しぼ)む?)。
病気はともかく、健康の話題は、調べてみるといろいろと面白いことがわかる。
毎日飲んでいる水。はたして、みなさんは水道水派だろうか、それともミネラルウオーター派、
あるいは、浄水器派だろうか(かくいう私はミネラルウオーター派である)。

ところで、ミネラルウオーターって何だろう? ミネラルの入った水? 素朴な疑問だが、意外と答えにくい。


これは私も気にしたことがなかったことで
とても素朴な疑問でありながら興味深く読ませていただきました。
ミネラルウオーターの定義は、
農林産省が平成2年に作成した「ミネラルウオーター類の品質表示ガイドライン」に示されていた。
それによると、まず、特定の源から採取されたは「ナチュラルウオーター」と表示される。
その中でもの中に無機塩類(ミネラル!)が溶けている場合に「ナチュラルミネラルウオーター」と呼ぶ。
地中から取ったには、たいてい、少々のミネラルは溶けているから、有名ブランドも含めて、
売られている水のほとんどは、ナチュラルミネラルウオーターと表示される。
ただし、ミネラルの成分を調整したり、複数の原水を混ぜたりすると「ミネラルウオーター」になる。
そして、最後に「ボトルドウォーター」という分類がある。
これは文字どおり「瓶詰めされた水」であり、
たとえば水道水をそのままペットボトルに詰めて売ってもかまわないし、蒸留水にしてもいい。

この、ボトルドウォーターって、少し割高で売られているのを見かけますが
極端な話しだとも思いますが水道水は・・・それはどうもね。
以前、少々高額でしたが
瓶に入っているといかにも美味しそうで
ささやかな セレブ気分(笑)を味わいたく
購入したことがありました。
たくさんのメーカーで 何を購入したか覚えていませんが、
ワクワクして飲んだけど、これが まずい!の一言で
とにかく 臭みがあり??いったいこれはなに?と思った経験があります。
どうもカビくさいような味や臭いがするのは気のせいかもしれませんが
我が家の 水道水のほうが 比べ物にならないほど美味しい!という経験があります。
まさか、先に述べられているような水ではないとは思いますが
今思えば、まさか・・・なんて考えてしまいました229


 一口にミネラルウオーターと言っても、これだけの細かい分類があるのだ。
自分が何を飲まされているのかは、実際に品名表示のラベルをじっくり見て検討するほかない。

インターネットでもさまざまな水が売られているが、中には科学的見地から、
かなり疑わしいものもある。たとえば「クラスター水」というのがある。
ネットには、クラスターの小さい水はおいしい、というようなことが書いてある。
クラスターというのは水の分子の「塊」のことらしいが、私の知るかぎり、
瓶詰にされた状態で水分子が安定的にクラスターをつくることはない。
水分子どうしは、常にくっついたり離れたりしているが、それは、ほんの一瞬の出来事なので、
クラスターと呼ぶには無理がある。
クラスターができないのだから、それが大きいとか小さいというのも意味がない。

「活性水素水」というのも訳が分からない。活性酸素が細胞を傷つけるから、
それを減らそう、というのは医学的に意味があるかもしれない。
しかし、そもそも「活性水素水」というのは科学的に存在しない代物なのである!
 科学的に意味不明のものを飲まされてはたまったものじゃない。
お気を付けあそばせ(浄水器にも、きわどい商品がたくさんあるが、またの機会に書くことにしよう)。

 最近は、水道水が驚くほどきれいになっていて、
実際に飲んでみると意外においしいことがある。
人間の身体の6割から7割は水だから、
水選びは、慎重に行いたいものだ。(たけうち・かおる=サイエンスライター)


そのとおりでありますね。
お子達は なにやら祖父が健康食品店で購入してきてくれる
活性化水のもと?忘れましたが、これを水道水にいれて飲んでおり、
妻は 硬水を購入して飲んでおり、何故か父だけ水道水(笑)
一番健康的なのは父かもしれない。
水が美味しいということは、ここに引っ越してきてから しみじみ感じました。
水道水を沸かしたお湯で コーヒーをおとす、お茶をいれる、これだけですが
知人に どこの豆や葉を使っているのか??といつも聞かれる。
スーパーの安いものです・・・
以前と同じ味付けをしているのに、何を味付けしても、しょっぱく感じ、
ここにきてからというもの、薄すぎるくらいの味付けでよいのです。
これは あきらかに 水道水の違いのようです。
水選びは 身長に^^


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/cooking/95077/ )


スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。