成立は不透明…政治資金規正法改正案・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成立は不透明…政治資金規正法改正案


成立は不透明…政治資金規正法改正案領収書公開


なぜ この法案はすんなり進まないのか。
企業であれば どんなものを購入しても1円でも
領収書提示しなければ返金にならないではないですか。

与野党は1日、政治資金規正法の改正に向けた「政治資金の問題に関する拡大国対委員長会議」の
初会合を開き、規正法改正案について
「今国会の会期中に結論を得る」ことで合意した。
5日の会合で民主党が同党案を提示して実質協議に入る。だが、
自民党と民主党の主張には隔たりがあり、同床異夢の色合いが濃い。
今国会で規正法改正案が成立するかどうかは不透明だ。

民間では申告するのも領収書が必要です。
その場で提示はしませんが提示を求められれば
過去7年間は保管していなければならない。
国民には求めているのに、政治資金はどうして
当たり前ではないのか。

初会合で武部勤・自民党政治改革実行本部長が「(改正案は)実効度の高いものにしていきたい」と述べ、
「すべての支出(人件費を除く)の領収書を公開する」とした民主党案に消極的な姿勢を示した。
民主党の山岡賢次国対委員長は、「前に進まないなら、皆さんの総意と思われる改正案をつくり、
(民主党単独で)提出することもあり得る」と牽制(けんせい)した。
 民主党はすべての政治団体を対象に、
人件費を除く1円以上の全支出の領収書公開を義務付けるよう主張。
与党側は対象団体を現職国会議員らの政治団体に限定している。


一般では使わない難しい言葉を並べているため
気がつきにくいですが
どう考えても おかしいと思うのは普通ではないでしょうか。
議員さんは、交通費に対してもアバウトです。
突然や急な出席や調査のために交通券(例えば新幹線など)を
買う時間もおしまれるとのことですが
パスも提示せずに顔パスで通れることもあるようです。
(パスは持っているのでしょうが)
これを利用して私用で使っている議員さんもいるとかいないとか。
脱線してしまいましたが、
何に使っているかわからない、しかも私用で使った旅費などの領収書がでてきて
幾度となく問題になった市の問題もあるではないですか・・・
そう思うと、信じていたいのですが信じられないという気持ちになるのが
国民感情です。
与党が消極的になっていることに疑いをもってしまいます。
きちんとした使い方をしているのなら
なぜ消極的になるのでしょうか。
堂々としていただきたい、信じている国民もいるのですから。

(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/96275/  )
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。