中国・朝鮮族の「コリアンドリーム」に暗い影・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国・朝鮮族の「コリアンドリーム」に暗い影


中国・朝鮮族の「コリアンドリーム」に暗い影 

まず文頭に
この記事をよみまして、
けっして日本には関係ないということではないことを感じました。


中国・朝鮮族の人々は「コリアンドリーム」を胸に韓国にやって来る。
しかし、夢をつかむ一方で家庭内で問題が起き、子どもたちに深刻な影響が出ている。
親が韓国に渡った後、中国に残された子どもたちは学力低下のほか、
異性交遊・非行などの誘惑に陥りやすいことが分かった。

コリアンドリーム
似たようになことで、アメリカンドリーム
アメリカでの夢の大成功。
誰でもチャンスはある!と
よく若いころ耳にしましたね。
現実は アメリカンドリームも厳しいようです。
やはりひとにぎりのチャンスを手にするのは
誰でもできることではありませんよね。

こうした分析は中国・延辺大学のチェ・ミファ教授とキム・ソンファ上級研究員が2日、
梨花女子大学で開かれた「韓国女性研究院設立30周年記念国際学術大会」で発表した
「在韓中国朝鮮族移住労働女性子女の調査研究」によるもの。
二人は中国・延辺朝鮮族自治州の小中学生2505人に対するアンケートや、
朝鮮族児童・生徒たちとの面接を基に、この論文を執筆した。

この論文によると、両親またはどちらか一人が韓国にいるケースは全調査対象の39%を占めたという。
こうした家庭の子どもたちの1カ月の被服費は800‐1000人民元(約1万2000ー1万5000円)で、
両親と同居している朝鮮族の子どもたちの被服費より2倍高かった。

被服費が高くなる。
これは日本の子どもたちも地域で千差万別です。
ブランド品でなければ、学校に着ていけない。
これがステータスなのよという地域もあります。
親が朝から晩まで働いても おいつかないステータス。
裕福なおうちでしたらよいでしょうが
その生活から一度離れてしまった親子
(例えば、知っているおたくでは母子家庭になってしまって)
には、本当に大変なことです。


だが、情緒的には非常に不安定な状態だった。
「韓国に行った親は子どもたちがねだることを全部してやるため、
子どもはお金を使うことだけに興味を持つ」(延吉市第13中学校教師)、
「小学校6年生の女子児童は、教師が恋愛について批判するのが嫌だと言って家出した

 


 チェ教授は「特に深刻なのは小中学生の異性交遊問題」と言う。
吉林新聞は先日、「コリアンドリームがもたらした離婚率増加・
親不在の家庭・お金がすべてという風潮が児童・生徒にとって
早すぎる恋愛や性行為を合理的な現象のように受け入れさせてしまう」と伝えた。

 

 親とのコミュニケーションはせいぜい1‐2週間に1回、
国際電話をする程度。キム・ソンファ研究員は「韓国社会は、
朝鮮族の女性や子どもたちがより活発にコミュニケーションできるよう、
温かい目で見守り、関心を持つ必要がある」と語った。

 

金潤徳(キム・ユンドク)記者


親がいても、家庭のステータスのため、
被服費は削れないどころかUPしていく、
ステータスのために家賃をさげれない(ワンランク下の住まいを選べない)
家庭教師は皆がつけているから
どうしてもつけなければならない。
子どものおつきあいで、誕生日祝いなどは
どんどん高額になり、1マンのものを用意し、
しかもお土産まで用意するなど
書けばきりのない話しもあります。
それは簡単にできる家庭であればいいのです←何度もしつこい?
できない家庭なのに無理をする。
このため、母は朝から夜中まで仕事をいくつもし、
子どもにはお金とステータスをあたえれますが
親は帰れず、子どもは朝から夜中まで一人ぼっち。
食事も外のお弁当・・・
親子で顔をあわせる日も少ない。
こんなことは、ドリームを夢みて不在にしている親でなくても
日常に存在しています。
日本のバブルの忘れ物というべきことか、
上流から下流への生活を認められない、
いえ、認めたくなく なんとか
しがみつことしているのも現実なんです。


(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3372649/  )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。