アスベスト「日本では今後5年で1万人が死亡・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスベスト「日本では今後5年で1万人が死亡


アスベスト:「日本では今後5年で1万人が死亡」

今後も心配されるアスベスト問題。
日本では実はまだ完全な禁止にはなっていません。
代替品の技術が確立されていないことから、猶予をあたえられている品もあります。
これは、正直、まだ心配が残ることですし、
建物の解体などピークを迎えるころがまだ先になります。
これにより、まだ被害も心配されている現状です。


第13回韓日国際環境賞の日本側受賞者である石綿対策全国連絡会議(BANJAN)は、
日本で20年にわたりアスベスト使用禁止運動を行い、
2004年にアスベスト使用禁止の立法化にこぎつけた功績が認められた。
同団体の古谷杉郎事務局長(51)に迅速なアスベスト対策が必要な理由を聞いた。

なぜアスベストが問題になったかーーーー
「アスベストは肺がん、中皮腫、アスベスト肺などの致命的な疾病を引き起こす。
アスベストが人体に入ると20年から40年の潜伏期間があり、
この潜伏期間の長さが問題の深刻さを分かりにくくしている。
そのため“静かな時限爆弾”とも呼ばれている。
問題は、医師たちが肺がんを発見しても、アスベストが原因である可能性を疑わない点だ。
日本では、医師たちがアスベストに関連する疾病を診断する方法について
訓練を受けてこなかったため、労災保険の対象と考えられてこなかった。
韓国も事情はよく似ていると思う」

まだまだ知っておくべきであろうと思われる事項もみつけました。

どのような作業に従事すると被害を受けやすいかーーー
アスベストを使用するさまざまな製造業以外に、建設や解体、メンテナンス、
造船、自動車、電力など、分野が非常に広範囲に及んでいる。
日本国内でアスベスト関連の疾病を示す指標となる中皮腫による死亡者数は、
1995年の500人から2006年には1050人へと急激に増加している。
中皮腫は致命的な病気だ。腹と胸に水がたまる症状が発見されることが多く、
診断が下されてから1年以内に死亡するケースが多い。
少なくとも今後5年で1万人以上が、アスベストが原因で死亡するだろうと予想している」


今までのアスベストの使用例は
防音・断熱用として学校や各建築物、船舶、鉄道車両などに広範囲で使用された。
理科の実験で、ビーカーなどを火に掛ける際に使う石綿付き金網(石綿金網とも。
金網の中央にある円形の白っぽい部分が温石綿)という利用例もある。
現在販売されているものはセラミックに切り替わっている。 
絶縁材料としても使われた。
自動車や鉄道車両のブレーキパッド、クラッチ板 
屋根瓦、屋根用波板、石膏板、天井用化粧板 
ガスケット、シーリング材、パッキングなど 
グレート7前後の石綿は「テーリング」と呼ばれ、モルタルやアスファルト混和材として
道路の凍結防止等を目的として使用。

これを見る限り、日常生活の中でたくさんのアスベストに近い環境にいるということですね。
仕事に従事していなくても、これらの解体がはじまり
アスベストの排出量が2020年から2040年頃にピークを迎えると予測している。
年間10万トン前後のアスベストが排出されると見込まれ、
今後の解体にあたって建築物周辺の住民の健康への影響が懸念されている。
調べる研究者によりますが
大気に飛散しているのも、けっしてない数値ではなく、
絶対安全とは言い切れませんよね・・・

また、冒頭でも述べさせていただきましたが
代替品の技術が確立されていないことから猶予を与えられているものもあります。
減りつつありますが、2007年2月現在で
6種10項目があります。

日本ではどのように対応してきたのかーーーー
 「アスベストの使用を全面的に禁止する法律が国会で通過したのが2004年だ。
国際労働機関(ILO)のアスベスト禁止条約の批准は05年8月。
日本は05年6月に機械メーカー・クボタの工場周辺に住む住民が集団で発病した。
職業病ではなく、工場周辺地域の住民に対する2次被害も確認されたのだ。
その後、“アスベスト健康被害救済法”が06年3月に施行された。
しかし、日本政府の対策はすでに手遅れだった。
市民団体の圧力でアスベスト使用を規制する法案が1992年に国会に提出されたが、
一度も審議されることなく廃案となった。当時法制化されていれば、
かなり被害を防ぐことができたと思う」

この話しも以前、アスベスト問題の裏側として聞いたことがあります。
日本政府ですでに知っていた。ですが手をうたなかった。
世界ではすでに問題にされていたときに
いえ、確か数カ国でしたが禁止に踏みきろうとしていたところもある中、
なぜ、日本はしなかったのか。
わかっていてできなかった、しなかったのは
なぜだろう考えてしまいます。
個人的な意見としては、時代背景からみて
先進国としての道を進み走り続け、
とめることを懸念したのではないかと思います。
皆さんはどうお考えでしょうか。
これについての裏話も聞きましたが、
批判的になりますのであえて申しませんが
これからのことを考えますと、なんでも後手後手なんですよね。

(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3373331/ )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。