財務省が人件費削減を要求 「自治体は高給」・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

財務省が人件費削減を要求 「自治体は高給」


[技能労務職]財務省人件費削減を要求 「自治体は高給」

それは それは 「え?」と声がでてしまうような
高給とも思える職種もありますが、
それを言う 方々はどうなんですか?とも言いたい。
無駄使いはするは悪いことに使うw・・・
国会議員(衆院議員480人、参院議員242人)
1人当たり07年度予算で3億1078万円の経費がかかっていたとの発表もあったばかり。
「臨時出費」で例年より増えた可能性はありますけど、
100歩譲っても1人の活動を支えるために
議員歳費(約2200万円)の約14倍の国費が必要となる計算。
れは高くはないの?これが妥当なのでしょうか――。
貧民の自分にはわかりません232
聞いていると何が高くて何が妥当なのか、
感覚が崩れっぱなしの自分です・・・・

財務省は、民間に比べて高給と指摘されている地方自治体の清掃職員や電話交換手、
学校給食員など技能労務職員の人件費を削減するよう総務省に求める方針を決めた。
総務省などの調査では、年収が民間の2倍程度に達しており、
政府の「骨太の方針07」で「可能なものは08年度から取り組む」とした
地方公務員の人件費削減の第一歩として、
これらの職種で給与水準を見直す。
ただ、自治体側には一般行政職との均衡を重視する考え方もあり、
どこまで削減が進むかは未知数だ。

 

 総務省は今年7月、清掃職員や運転手など主要7業種について、
47都道府県・15政令指定都市の職員6万6700人と、
同じ職種の民間の給与水準を初めて比較した。
その結果、自治体技能労務職の平均月給は民間に比べ1.4~1.8倍、
ボーナスを含む年収では約2倍だった

そのくらいの仕事で、その年収。
その退職金?なんて、そんなのも確かにありますけども、
どことはいえませんが、自分の仕事の関係で
たずねたとき、この時間帯に仲良くお茶して食べて
数時間過ごして??これ勤務時間内?なんていうのも見ました。
そんなことくらいでしたら、暴露できますけど
これ以上は言えません←本当は言いたい・・
でも必要と思える部分もあるんですよね。
職種で決定するのではなく内容で決めるべきなんですが
民間よりも能力に応じての見直しということが
遅れた背景からも難しいのでしょう。
昔、バブリーな時代に民間ではうれしい悲鳴を上げ
派手な生活をしてたころ、
公務員さん(一般的に地方公務員さんと過程して)は
ほそぼそとしていたんですよ。経済に左右されず
ひたすら勤続年数をまち、ひたすら管理職への試験を受けて
コツコツということで言えば、反転していた時代も
あったかもしれません。

財務省も都道府県の技能労務職(7業種以外も含む)22万6339人の年収を調査したところ、
634万4000円となり、民間の全国平均395万2000円の約1.6倍だった。
都道府県別では、沖縄で2.43倍、青森2.14倍、福岡2.06倍となるなど、
2倍以上が5県に上った。

 

 07年度の地方財政計画によると、
地方公務員の人件費は22兆5000億円と
一般歳出(65兆7000億円)の3分の1以上を占めており、
財務省は08年度の地財計画策定で人件費圧縮を進めたい考えだ。【須佐美玲子】


トップは下にメスをいれられますが
トップには誰もメスをいれられないことは どうなんでしょうかね。

(引用;ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3382836/  )


スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。