怪物”患者 「治らない」と暴力、暴言・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪物”患者 「治らない」と暴力、暴言


【溶けゆく日本人】“怪物”患者 「治らない」と暴力、暴言

しかたないではすませられない。モンスターがいたるところで増殖している。
世の中の常識は非常識といわれる今、ひところ誰かが言った「社会はゆるんでいる」は
悪い方向へ変化をし、自分の心を処理できなく何かにぶつける屈折した社会に変わったようでね。

 「どうしてくれるんだ」
 40代男性患者の病室で怒声が響いた。
病室に入った女性看護師が、理由も告げられないまま、1人ずつほおを平手打ちされた。
関東にある大学病院でのことだ。


モンスターペイシェント(患者)」

泣きながらスタッフルームに戻ってくる若い看護師の様子を不審に思った看護師長が
患者に問いただすと「腎臓病の治療がうまくいかず、透析になったことが受け止められなかった。
腹がたって誰かにぶつけたかった」と打ち明けた。
 傷害事件として立件も可能なケースだが、この病院では患者に謝罪してもらうことにとどめた。

 医療従事者が患者やその家族から暴力や暴言を受けるケースが増えているという。

医療機関のリスクマネジメントを担当する東京海上日動メディカルサービスの長野展久・医療本部長は、
「治療がうまくいかないなど、患者にとって不本意な結果になったときに、
その怒りを医療従事者にぶつける傾向がある」と指摘する。
 患者がこうした怒りを医療従事者にぶつける背景には、医療への過剰な期待がある。
かつては「仕方がない」とあきらめるしかなかったことも、医療の進歩で、
「どんな病気でも病院に行けば治る」「治らないのは医師の治療方針が間違っていたせいだ」と
考えてしまう患者が多くなったという。
医師の説明不足の面もあるだろう。
しかし、ある産婦人科医は「妊婦さんに妊娠中の生活上の注意を時間をかけて説明すると、
家族から『あまりプレッシャーをかけるな』と叱(しか)られる。
一方で、説明を簡潔にすると『もっと詳しく説明しろ』と怒鳴られる。
いったいどうすればいいのか」と困惑を隠さない。

医療の進歩で治らない病気がないと思うのは多少あるのかもしれない。
常識では考えられないことも病院で起こってはいますが
医者や病院の不祥事・事故などもあり過敏になっているのもあるかもしれない。
どの病院にいけば自分とあうのか、さまよう患者もいます。
自分は健康であまり病院に無縁ですが、付き添いなどでいく病院で
原因もわからず投薬も疑問があり、渡り歩いたこともあります。
どの病院にいっても改善されず、ひどくなる一方。
医者はパソコンに打ち込みながら患者を正面から診ようとはせず
この薬を出しますか?とたずねてくる←お~い、患者に聞くの???
そんな医者もいる。机の上だけで医者になったような方もいる。
そんなのはごく一部なのかもしれませんが、この情報社会で一般人も知識は豊富。
そのあたりの いらだちや不信感も無いとは言えない。

 教育現場で教師に理不尽な要求をつきつける親のことを“怪物”にたとえて
モンスター・ペアレント」と呼んでいるが、同じように医療現場でモラルに欠けた行動をとる患者を
モンスターペイシェント(患者)」と呼ぶようになっている。
中でも小児科では、学校現場と同様に、非常識な親への対応に頭を痛めている。
午前中から具合が悪いのに「夜の方がすいているから」と夜間診療の時間帯に子供を連れてくる
薬が不要であることを説明しても「薬を出せ」と譲らない
少しでも待ち時間が長くなると「いつまで待たせるんだ」と医師や看護師をどなりつける
など枚挙にいとまがない。

 東京都内で小児科クリニック院長を務める小児科医(35)は、
「薬を出せというのも、子供のためというより、
自分がゆっくり寝たいためとしか思えないケースがほとんど。
すべてにおいて親の都合が優先されている。
医療行為は受けて当然、治って当然と思っているから、
診察後に『ありがとうございました』の言葉もない」と嘆く。
 子供が多い診療科ということでは、耳鼻科も大変だ。
 和歌山県立医大の山中昇教授(耳鼻咽喉科)は
「中耳炎の症状で受診する子供に耳あかがたまっていることが多く、
そのため鼓膜の赤みや腫れがわかりづらい。
『子供にとってお母さんの膝(ひざ)の上での耳あか取りは楽しみなもの。
親子のスキンシップになりますよ』とお母さんに話すと、
『子供の耳あかなんて、怖くて取れません』と平然と答えるんですよ」と話す。
さらに困るのは、診察中にじっとしていられない子供が多いこと。
「子供が泣けばこちらがにらまれる。以前は親が『泣いたらだめよ』と
子供をたしなめたものだが…」とあきらめ顔だ。

子ども診てもらう前は親子で「よろしくおねがいします。」
診察後は親子で「ありがとうございました。」これは普通のことではないでしょうか・・・
中待合席にいるときに自分達の前の家族が診察室に入っていくのを見ますし聞こえます。
よく思い出してみると、「よろしくおねがいします」「ありがとうございました」の言葉は
聞こえてこないことも多々ある。礼儀という問題よりも、人と人とのかかわりに対し、
やってもらうことが当たり前、お金を払うのだから あたりまえ。という気持ちが見え隠れする。
プラス、ごめんなさい も聞くことが少なくなったように思う・・・

 治療費の不払いも大きな問題となっている。
日本病院会など4病院団体が平成16年にまとめた調査では、
加盟する5570病院での未収金総額は年間推定373億円にのぼり、
3年間の累積は853億円だった。とくに救急と産科で未収金が多いという。
生活困窮世帯の増加という面もあるが「最近はお金はあるけど払わないという人も多い。
人間ドックを受けて異常がなかったから払わないという人もいます」と
長野本部長(東京海上日動メディカルサービス)。

 こうした事態を受け、厚生労働省は6月、「未収金問題に関する検討会」を立ち上げた。
委員を務める永寿総合病院(東京都台東区)の崎原宏理事長は「日本は皆保険制度で、
誰もが医療を受けられるが、それが逆に『治療は受けて当たり前』の意識につながり
、診察に対して感謝の気持ちがなくなっている気がする。
万が一このまま未収金が増えれば、皆保険制度が崩壊し、病院の閉鎖も増え、
治療を受けられない人が増える可能性もある」と警鐘を鳴らしている。(平沢裕子)

日本の医療制度は平等に受けられる誇れる制度です。
諸外国では高額な医療費を支払わなければ診てもらえないところもあります。
よき制度はしっかりと守り続けるためにも、モラルをもってほしいですね。


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/101970/)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。