3500万人超が“飢え” 米人口の12%・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3500万人超が“飢え” 米人口の12%


3500万人超が“飢え” 米人口の12%、農務省発表

米農務省は14日、米国の人口の約12%に当たる約3500万人以上が
満足に食事ができるような状態になく、食費を稼ぐための職探しに追われているなどとする
調査結果を発表した。AP通信などが伝えた。

飽食の時代といわれていた近年、人口増加・環境破壊
また格差社会がひろがり、世界の動きをみつつ
日本にもいずれはくるであろうと思える話しですが
ヒスパニック世帯の根深さを感じます。

それによると、うち約1200万人が子どもで、母子家庭、
黒人ヒスパニック世帯などの割合が高かった。
3500万人のうち約1100万人が「よりひどい飢餓状態」に分類され、
丸1日何も食べられない大人がいるケースも多い。

ヒスパニックとは 

メキシコやプエルトリコ、キューバなど中南米のスペイン語圏諸国から
アメリカ合衆国に渡ってきた移民とその子孫をいう。中には、先祖が旧メキシコ領に住んでいて、
米墨戦争によって居住地がアメリカ合衆国領に組み入れられたため、
アメリカ合衆国に移民したわけでもないのにアメリカ合衆国に代々住み着いているヒスパニックもいる。
近年増加傾向にあり、2003年現在で4000万人のヒスパニックがいるといわれ、
アメリカの人口の13.4%を占め、最大の少数民族となっている。
当初はカリフォルニア州、ニューヨーク州、テキサス州、フロリダ州などに多く住まれていたが
今ではニューヨークなど東海岸でもその人口を増やしています。
近い将来には黒人人口を抜くであろうと考えられている。
そのため、2004年大統領選挙でも、
候補者たちはヒスパニックに対する施策を打ち出して支持を集める必要性に迫られた。
低所得層が多く、イラク戦争と占領で犠牲になったアメリカ兵の多くは
生活の必要に迫られて軍隊に志願したヒスパニックであるともいわれているそう。

調査は2006年に実施されたが、05年の調査から同様な傾向が続いている。
対象にホームレスは含まれていない。(共同)

(引用:イザニュースhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/102024/ ) 

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。