根拠はどこに? それでも知りたい血液型ダイエット・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根拠はどこに? それでも知りたい血液型ダイエット


[ダイエット通信]根拠はどこに? それでも知りたい血液型ダイエット

血液型って必ず話題になりますよね。ダイエットにかかわらず話しのきっかけにも使われがち。
血液型で性格を分類しますから、ダイエット方法のむきふむきなどがでてくるのでしょうね。

「O型なら、大雑把な性格?」「私A型だから、B型とはウマが合わないんだよねぇ」などなど。
話題に困ったら、血液型の話を出せばその場がつながるほど、
みんな血液型のネタが好きで、それなりに分析をしているもの。
普段は性格診断や相性占いなどに血液型を用いることが多いけれど、
ダイエットにも深く関わっているということが、アメリカの医師によって研究されているのです!


いるいる・・会社でも、何かあるたびに血液型を持ち出してくる方。
イヤではないのですけどね、血液型が同じだからといって、み~んな同じなわけではないですし、
自分は生まれてこのかた、血液型を当てられたことがないので、
性格的には違うように見られることがおおということですよね。
多少は、当てはまる部分もないとはいえませんが育つ環境で押さえられることもあるのです。
気質は持っているのですけどね(笑)

血液型が違えば、体のしくみだってそれぞれ違うはず!
ダイエットの話に触れる前に、血液型がどのように分類されているか、ご存じでしょうか?
血液型は、赤血球の表面にある、細胞と細胞をつなぐ糖鎖(とうさ)の違いでわかるもので、
Aタイプの糖鎖ならA型、Bの糖鎖ならB型、その両方を持っているならAB型、
そのどちらも持っていないならO型、と分類されています。
自然療法学を専門とする、ピーター・J・ダダモ博士は、血液健康法に着目し、
自然療法の研究結果と臨床経験から、「血液型が異なれば、体のさまざまな部分で違いが表れ、
ダイエットにも大きく影響する腸も、それぞれ異なるようだ。祖先からもらった身体的特徴が、
現世に残されて今の4種類があり、血液型によってやせやすい&太りやすい食べ物や、
適したダイエット法もそれぞれ違う」との考えに、行き着いたようです。

ちっと おもしろそうですよ^^話題にいいかもしれませんね!

それでは気になる、各血液型のダイエットタイプを……。

 

【内向的で、完璧主義とされるA型】
決まった場所に定住するタイプのA型は、野菜中心の食事がオススメ。
長期間のストレスとの対峙が苦手なので、ヨガやストレッチで時間をゆっくりかけ、
無理をしないダイエットで目標達成ができる。野菜、大豆製品、果物はいいが、肉類と乳製品はダメ。


【楽天家で、立ち直りが早いとされるB型】
一つの場所にとどまらず、遊牧民のようなB型は、どんな食材でもいけるマルチ人間。
しかし、合わない食材はとことんダメ。同じ作業をくり返すのが苦手なので、
自分も楽しみを見い出せるエアロビクスやテニス、
また、自分のペースでできるウォーキングなどが向いている。
乳製品、青菜、赤身肉はいいが、そば、ゴマ、鶏肉はダメ。

【外交的で、リーダーシップがあるとされるO型】
獲物を狙い撃つ狩猟民族タイプは、肉類を効率よく消化、代謝することがうまい。
逆に、穀物や炭水化物の消化が下手な面があり。アクティブに体を動かすランニングや筋トレ、
ほかにも有酸素運動をして代謝を高めると効果が上がる。
活発に動いた分、ドカ食いの危険をはらんでいるのも、O型の特徴。
赤身肉、ほうれん草、海藻をたくさん食べ、小麦製品(パスタ、パンなど)、チーズを控えめに。

【直感で行動、想像力が豊かとされるAB型】
血液型の中で一番歴史が浅いこの型は、新人類タイプ。
豊かな想像力で、理想的体型をイメージしながら、一人で運動するのが性に合っている。
また、A&B型両方の性質を持っている分、両型のいい/ダメ食材も当てはまることがある。
消化器官が弱い人が多く、代謝が下手なので、ヨガやストレッチで代謝を促して。
また、食事一回分の量を少なく、何回かに分けて摂ると、消化がうまくいく。
魚介類、大豆製品、ヨーグルトを多く摂取し、そば、小麦製品(パスタ、パンなど)、肉類は抑えて。

血液型ダイエットって最近の話題なのですか?自分が若かりしころ、
ここまで細かくはないですけど、性格によって続かないスポーツもあるので、
これがいいとか、これはだめ とか以前からありました。
あまり記憶がないのですけど、トレーニングに関しては上の文面と似たような感じだった気がします。
あまり効果が無かった方は、試してみるのもいいかもしれませんね。


(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3391310/ )

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。