葉酸不足でうつ多め 食習慣調査・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉酸不足でうつ多め 食習慣調査


葉酸不足でうつ多め 食習慣調査で判明

葉っぱは たべたほうがいいですよ。葉っぱは体によい(うんうん)
葉酸は葉っぱだけではありませんけど、
栄養に含まれる成分には先天性障害の発症リスクを少なくするともいわれていました。
妊婦さんのときに、とにかく日々気をつけて摂取していました。
自分はベジタリアンですし、葉酸の含まれる食材は好きなので無理はなかったのですけどね。
アトピーさんは とにかく野菜をたくさんとりなさい!なんて祖母も言っていた。

↑はどう関係しているのか、またゆっくり調べてみますね。
葉酸を含む食材についてもあとで少し記載させていただきますね。

野菜や果物などに含まれる葉酸の摂取量が少ないほど、うつ症状の人が多い傾向にあることを、
村上健太郎東京大医学部助教と溝上哲也国立国際医療センター研究所部長らが調査で見つけた。
日常の食事が精神的な健康にかかわっていることを示す研究。
関連は欧米では報告されていたが日本人のデータは初めてという。国際栄養学雑誌に近く発表する。
研究グループは昨年、福岡県の20代から60代の517人(男性309人、女性208人)に、
過去1カ月間に食べたものを詳しく聞き、各栄養成分の摂取量を算出した。
同時に別の質問でうつ症状があるかどうかを調べ、摂取した各栄養素との関連を探った。

その結果、

葉酸の摂取が少ない人ほどうつ症状の割合が高かった。
摂取が多い人では、少ない人よりうつ症状が半減していた。
この傾向は女性でもうかがえたが、男性でよりはっきりしていた。
年齢や肥満、喫煙、飲酒、結婚しているかどうか、ストレスなどの影響を除いて解析した結果で、
葉酸そのものがうつ症状を減らしている可能性が高いという。
溝上部長は「原因は明らかでないが、
葉酸うつ症状に関与する脳内の物質量に影響しているかもしれない。
結論が確定するには、別の調査も必要だ」と話している。

葉酸】ブロッコリーなどの野菜やグレープフルーツなどの果物、緑茶に多く含まれるビタミンBの1種。
胎児の成長に不可欠で、妊娠の可能性がある女性は1日0・4ミリグラムの摂取が望ましいとされるが、
不足がちだという。米国では小麦粉に添加されている。安価なサプリメントもある。

緑黄色野菜もそうですが、葉酸を多く含む食品はレバーもそう。
ただし、水溶性ビタミンですから
特に野菜は調理や長期間保存による酸化によって葉酸は壊れやすいです。
新鮮な生野菜や果物が良いということです。大量の飲酒も葉酸の吸収および代謝を妨げます。
家庭菜園はいいですね、新鮮な野菜を口にできますからね。


妊娠や授乳による栄養要求量が増える、小腸の病理的変化、アルコール中毒、
メトトレキサートなどの薬剤投与によって欠乏症が引き起こされるそう。
葉酸はアミノ酸や核酸の合成に必要となる補酵素なので、
細胞分裂の盛んな箇所で欠乏症が現れやすい。
欠乏症は、貧血、免疫機能減衰、消化管機能異常などで、研究報告では
心臓病や大腸ガン、子宮頸ガンのリスクもあると。
妊娠期に葉酸が欠乏すると、神経管閉鎖障害が起こり、重度の場合は死に至るらしい。
無脳児の発生のリスクが高まる。神経管閉鎖障害に対しては、妊娠初期が重要らしく、
これはとても難しいことのですが通常まだ妊娠に気付かない第一週が
葉酸を必要とする期間であると考えられているそう。


そう聞けば、どんな栄養もバランスよく摂取することが大事の一言につきます。
栄養バランスがかたよれば、何かの不調を感じますし、
ダイエットをしている方も、痩せにくい体質になることもあります。
どんなことでも、過剰にならずに不足させずに普通が一番ですね^^

(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/103193/ )

 

 

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。