今ごろですが・・・ミサンガ編みはじめについて・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今ごろですが・・・ミサンガ編みはじめについて


ななめ編みの編みかた に編み始めの説明を載せていますが、
こちらでは画像をUPしました。三つ編みの場合は
          DSCF1479-1.jpg

まず 糸端をそろえた刺しゅう糸を束ねます。片側だけ端から10cm程度の場所を
セロハンテープで机に貼り付けます。編みながら引っ張るので糸がぬける恐れも
ありますのでさらに上もピタピタととめておくことをお勧めします。
このとめた片側は後で三つ編みにしますので、まずはとめてください。
手首用か足首用かどちらか迷っている場合は
この三つ編みを長くし、模様を短く編み、調整可能にしたほうがよいでしょう。
模様部分は結びにくいですし、三つ編み部分でしたら
あまる分に関しては 切ってしまえます。

お子様ようの場合も同じです。

三つ編みを長くする場合は10cmでは短いかと思います。
三つ編みをしますので、よけておいたこの糸の長さよりも少し短くなりますので、
実寸は10cmの三つ編みにはなりません。


この次は わっかをUPしますね。

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。