「JUNONスーパーボーイ」14歳が最年少グランプリ・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「JUNONスーパーボーイ」14歳が最年少グランプリ


14歳が最年少グランプリ!「JUNONスーパーボーイ

こんな中年に片足を入れている?(もう中年真っ只中かも)自分が
語るには どうもお呼びではないのかもしれない。
自分はもともと芸能人にあこがれるほうではなかったが
子ども達と話しをするにあたり・・・知っておいてもよいかと
けっこう必死です(笑)若いふりをしても駄目ですが
どんなことなのかくらいは覚えていられそうです。個人名は覚えられないけど

まさにオトメン時代。彼がそうだというのではなく
そういう感じをうけるほど 可愛いのかもしれない。
俳優の武田真治(34)、小池徹平(21)らを輩出した
JUNONスーパーボーイコンテストの第20回大会最終選考会が18日、
都内で行われ、長野県出身の中学2年生、竹内寿=とし=くん(14)が
応募総数1万5084人の中から史上最年少でグランプリを獲得した。
 「夢じゃないかと疑った」という竹内くんは、大勢の報道陣に囲まれ、緊張しきり。
「将来はドラマやバラエティーに出てみたい」と抱負。
ピュアな笑顔に、審査員を務めた女性お笑いコンビ、
ハリセンボンはノックアウトされていた。兄はスキージャンプの竹内択選手(20)。

1988年からはじまったJUNONスーパーボーイコンテスト
私もこのころ雑誌をみたことがある・・・
もう騒ぐ歳ではなかったにせよ、まだ若かったから(笑)
当時から現在まで選ばれた少年達は未知の可能性をひめたこたちで
未完成さも必要であるらしい。
そう、まだピュアでなければならず、むろんどのプロダクションにも
所属していてはいけない。
なのでJUNONスーパーボーイコンテストに選ばれると
たくさんのプロダクションから殺到する誘い。
いわゆる美男子コンテストで、通称ジュノンボーイ といわれていますね。
歴代、活躍しているジュノンボーイ受賞者がおおい。
(さん 省略で失礼します↓↓↓↓↓)
武田真治、袴田吉彦、伊藤英明、柏原崇、加藤晴彦、小池徹平、平岡祐太、
山本裕典、溝端淳平など多くの現在活躍している俳優が輩出されています。
また2000年グランプリの伊右典を始めとして、この年の受賞者などから
4人グループFLAMEも結成されましたしね。
注目のコンテストです。

以前はかっこいい+ワイルド系でしたが
最近の傾向では かわいい+ノーマル?でしたか?
品位のあるノーマルでしか?言葉を忘れてしまいましたが、
このラインにきているそうですね。
今の流行らしオトメンを思わせるような かわいさが必要なのでしょう。

オトメンって漫画からの言葉なんですね。
おいしいスイーツや、かわいいもの情報に誰よりも詳しく、
女友達並みに盛り上がれる乙男オトメン)。
オトメンって、かわいいものや甘いものが大好きな乙女系男子のことなんですね。

最近の男の子は きれいなかんじですね
あごも細く、線もきゃしゃ。
自分は中年ですけど、時代はワイルドな男に人気がありました。
でも自分はそのころから、ワイルド系は苦手で
キレイな可愛い顔をした子が好みでしたので、
まぁ・・・時代的にあまりいませんでしたよ(笑)
今だったら好みの男性もいたのかしら?


(引用 イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/104254/  )


スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。