理科離れに歯止め・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理科離れに歯止め


理科離れに歯止め 村田製作所が子供向けサイト開設

村田製作所(京都府長岡京市)は、同社の技術をPRするとともに、子供たちに理科を身近に感じてもらおうと、理科教育を推進するサイト「村田“科学少年少女”製作所 presents エレきっず学園」を開設した。

確かに こどもたちがかわってしまってます。いえ、変えられてしまったというべきでしょうか。
理系(数学理科)についてはいちじるしく低下が目立つと思います。
お子の学校をみても できる子とできない子(というよりも理解できている子とできていない子ですね)の
差がすごく大きいとおもいます。中間層がいない(世の中に似ていますね)。

ゆとり教育がはじまり理科の実験も時間数の関係ではぶかれ、
ながれるような数学時間。
少し前にもどれば 点を取るためだけの勉強に徹し、
点数はとれるが基本的なかたちでしかしらない、結果、やわらかな頭の子たちもつぶされたように
そう思いませんか?
もちろん、できる子たちはいますが世界においても
日本の頭脳が低迷しているのは明らかです。
このことはかなり前から言われていますが
流れかえるのは国ではなく、しびれを切らした企業なんですね、すばらしい!!

 
「エレきっず学園」という架空の学校が舞台。教室や図書室、視覚教室などの学校施設を利用して、理科のおもしろさや自走式自転車ロボット「ムラタセイサク君」の技術を楽しみながら学べるようになっている

大人も楽しめそうですね!入れるかしら?
親も子も一緒に語り合えるでしょうか!

(引用:イザ http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/children/89204/)
今後、電子部品の仕組みや用途の分かりやすい説明や、工場見学ができる「ムラタオープンファクトリー」、簡単な実験の紹介-など内容を順次追加していくことにしている。

近くで足を運べる子たちがうらやましい!
是非全国で体験できる実験できる施設があるといいですね。
よく理科実験の習い事もありますが
人数があつまらないのか、すぐに消えてしまいます。
子どもたちは未知数です。
たくさんの情報を少しだけ提示してあげれば
何だろう?すごい!知りたい!の興味をもってくれます。
そうなれば もう楽しい時間に突入ですね、

 同社は、子供たちの理科離れに歯止めをかけようと、企業広告「村田“科学少年少女”製作所」を展開しており、その活動の一環としてサイトを開設した。(http://www.murataboy.com/)


是非、この日本を背負っていく若いキッズの頭を
新鮮な空気を含む柔らかな頭に・・・
そして、失った本来日本人がもつ
すばらしい頭脳を復活してほしいものです。
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。