「皮はむかないで」ダイコンおろしの辛み成分でがん抑制・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「皮はむかないで」ダイコンおろしの辛み成分でがん抑制


「皮はむかないで」ダイコンおろしの辛み成分でがん抑制


皮はむかないのですね、、そうとうキレイに洗わなくてはだめ?
農薬もついていますしね、タワシが必要かな・・・?
大根は他にも良いと発表されていますが。
我が家では貧乏おかずとして(笑)
大根の皮とにんじんの金平もどきをつくります。
皮を使っていますが、がん抑制にはならないでしょうか。
やはり おろしでなければ成分が
こわれてしまいますでしょうかね


ダイコンおろしの辛み成分はがんを抑える働きがあることが、
京都府立大学人間環境学部の
中村考志准教授(食品科学)らの研究で22日分かった。
特に京野菜の「からみダイコン」や「桃山ダイコン」では辛み成分の含有量が多く、
皮をむかずにそのままおろすとより効果的という


これまで野菜を多くとるとがん抑制されると指摘されてきたが、
中村准教授はダイコンに注目。国立医薬品食品衛生研究所(東京都)との
ラットを使った共同研究で、ダイコンおろし特有の辛み成分「MTBITC」が
がん抑制する効果があることが分かった。

 この化学物質はダイコンに別々に存在するミロシナーゼと
グルコシノレートという物質が、強い破砕によって混ざりあって生成。
詳しく調べたところ、がんの原因となる損傷したDNAを
修復する働きがあることが確認された。

 中村准教授は「ミロシナーゼはダイコンの表面に存在するため、
MTBITCを多く取り入れるには、ダイコンの皮をむかないで使うほうがいい」
と指摘している。

以前読んだ本で
大根おろしは 夜ではなく朝食で食べたほうがいいと書いてありました。
がん抑制とは言っていなかったのですけど、
食品にも朝・昼・晩ってあるのでしょうか。
吸収する時間なのか、活動するのが必要なのか、
日光が必要なのか など、栄養素でかわってくるのでしょうね。
それいらい朝は厚焼き玉子と大根おろし が度々登場する我が家。
そのために、大根の皮きんぴらが夜登場するわけなんです。
でも がん抑制には皮が必要となると
我が家の夜メニューから一品減ることになる・・・・
また、なにか節約メニューを取り入れなくてはならないみたい


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/science/105417/ )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。