35歳を過ぎても遅くはありません。エイジング美容・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

35歳を過ぎても遅くはありません。エイジング美容


最新号『クロワッサン』の「35歳過ぎて始める、エイジング美容」特集

35歳以下の方には無縁の話しでしょうか。
自分の年令がばれてしまいますが私は必要年令です(笑)
肌を甘やかして(それよりも美容にかける資金もなく、暇もなく)
気がつけば、このぼろぼろの肌のまま歳をとり、鏡をみるとため息です。
早速、書店をのぞいてみようという気になりました
^^

日常生活を通して考える「女の暮らし方、
男の暮らし方」=雑誌『クロワッサン
(編集長/二階堂千鶴子 マガジンハウス刊 毎月10日・25日発売)。
11月24日発売722号は、素敵な顔・表情のかづきれいこさん、
浅野裕子さん、TAKAKOさん、千吉良恵子さんに登場してもらいました。
それぞれのエイジケアの方法をご紹介します。
特別付録のDVDも参考に、自分の素顔を好きになりましょう。

年齢を重ねた自分の顔。折々に浮かべた喜怒哀楽の表情が重なって、
いまの、わたしの顔があるといえないでしょうか。
それでもやっぱり気になる、しわたるみしみ……
自分の素顔をもっと好きになるには? 答えはこの特集にあります。

11月24日発売の雑誌『クロワッサン』No.722の特集
35歳過ぎて始める、エイジング美容」をご紹介します。

●かづきれいこさんの元気になる化粧塾「自分の素顔が好きになる」
●もうすぐ56歳、には見えない浅野裕子さんが、30代に入って目覚めた、
  独自のスキンケア法。
                             他

●読者モニター106名大募集
 エイジングに着目した化粧品、私たちは何を選べばいいのか。
●透明感のある輝きを求めて、上質な肌メイク
●1000円台で体感できる、スキンケア化粧品の実力

                           他

早速購入てこようと思いますが
また三日坊主に終わりそうなので、気合をいれて実践してみようかな。
今まで数々の書籍・雑誌を読んでは そのままの自分。
たまりにたまった書籍類は捨てるに捨てられず状態。
気合をいれてみます。効果がでればいいのですけど
^^

(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3403151/ )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。