「特権」がなくなっていく日本の公務員・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特権」がなくなっていく日本の公務員


特権」がなくなっていく日本の公務員

今まで野放しにしすぎ、やりすぎたのですよね。
上の一部の公務員さんの話なのですが、
改正案は以前から世論でさんざん言われてきたことももりこまれています。


日本では政府が公務員特権を次々と廃止しているが、
ついに公務員試験合格者の「昇進保証」も例外でなくなった。
これまでは日本も韓国のように国家公務員I種採用試験に合格すれば
キャリア官僚」と呼ばれる中央省庁の幹部公務員として自動的に昇進が約束されていた。

しかし、日本のメディアが24日、報じたところによると、
福田首相の私的懇談会「公務員制度の総合的な改革に関する懇談会」は、
キャリア組候補生を選考する現行のI種試験と
一般職を選考するIl種試験を廃止する案を、
来年1月に福田首相に提出する公務員制度改革案に盛り込む予定だという。
その代わり「総合職」(企画職)と「一般職」(執行職)採用試験を導入、
一般職採用者にも幹部登用への道を開く
「幹部候補育成課程」を創設する内容となっている。

知人でも公務員さんがいますが、
家庭の事情で大学に進めず、昇級試験をうけても
ある程度のところまでしか昇給できないらしい。
どうしても必要なようです。職能・実績に応じての判断が難しい公務員さん。
最初から線引きされているのは そのあたりがあるのかもしれませんね。


 2005年を例に見ると、日本の中央省庁における課長クラス以上の幹部
4778人中74.0%に当たる3536人、審議官クラス以上887人中88.3%に当たる
783人がI種試験合格者で、韓国同様、「キャリア官僚」による幹部職独占が深刻だ。
日本政府は6月に改正した国家公務員法で
「年功序列と平準化人事の改革」を明文化し、
公務員社会に能力・業績主義を取り入れることを規定した。

 このほかにも日本政府は公務員が退職後に関連民間企業に就職する
天下り」を制度的に防ぐため、各省庁独自の職業あっせん行為を
禁止する法律を6月に成立させた。
また、公務員が一般会社員よりも年金受給額が多いという特権をなくすため、
公務員の共済年金を2010年に一般サラリーマンの厚生年金と一元化する法案を作り、
4月に国会に提出している。

この年金問題についてはかなり前から言われていること。
公務員共済年金部分が上乗せ部分のうえ、
官僚クラスは国民年金までもらっているとニュースになりました。
どなたか「僕も国民ですよ」と述べていたしね。

改革内容は
「昇進保証の代わりに能力・実績主義を導入」
Ⅰ種Ⅱ種に別れていた採用試験を撤廃。Ⅰ種公務員の幹部自動昇進を改め、
全員を幹部候補育成過程で選抜。

天下り禁止」
官民人材交流センターを2008年に設立し、公務員の再雇用を一元化。
以後3年以内に各省庁が個別に行っていた退職者就職あっせん行為を禁止。

「年金一元化」
公務員年金と一般企業社員の年金を2010年に統合。公務員に保障されていた
年金優遇(少ない負担で高い保障)を一般企業並みに調整。

これを守れなかった場合はどうなるのでしょうね・・


(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3403125/ )



スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。