今冬の注目鍋は「カレー鍋」と「ブリしゃぶ」だ!・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今冬の注目鍋は「カレー鍋」と「ブリしゃぶ」だ!


今冬の注目は「カレー」と「ブリしゃぶ」だ!

寒い季節になるとは体があたたまりますね。
定番のではなく、最近は変わった?いえいえ、怒られますね。
洋風なども家庭で口にすることが多くなったのではないのでしょうか。
自分達は、どうも新しいには違和感もあり、
定番鍋しか食べていないのですが、今度是非!と思いながらも
結局食べることなく過ごしてしまいそうです


寒さが増すにつれ、あつあつお鍋が恋しくなってきた。
これまでにもモツ鍋や豆乳鍋など、さまざまな流行鍋が登場したが、
今年は「カレー鍋」と「ブリしゃぶ」に注目が集まっている。
日本の家庭では冬場、週に1度は鍋料理が食卓にのぼるという。
流行鍋でバリエーションを楽しんでみてはいかがだろうか。(榊聡美)

このほかに、チーズ鍋も流行っていませんか?
チーズフォンデュかと思いきや土鍋でつくる鍋なんですものね。
シチューも加えてチーズシチュー鍋にするとコクもあるとか。


≪家庭で手軽に≫
 家庭で手軽にカレーは兵庫県姫路市にある居酒屋が発祥で、
昨年、都内に専門店がオープンしたことで話題を呼んだ。
今年はメニューに加える飲食店が増える一方、
永谷園、フジッコ、ニッスイ(日本水産)から、次々とカレーのつゆが新発売され、
家庭にまで人気が広がっている。

 人気の理由は、どんな具材でもOKという懐の深さ。
昆布やカツオ節などのだしを効かせ、和風仕立てにしたカレー味のスープには、
肉や魚介、野菜から、ギョーザ、豆腐、きんちゃくもちまで、幅広くマッチする。

 中でも永谷園は、和風と洋風の2種類を発売。
洋風は魚介やトマトなどのうまみを生かした酸味のあるスープで、
ブロッコリーやプチトマトなどの緑黄色野菜とも相性がいい。

 野菜がたくさん食べられるのが料理の魅力だが、
「子供たちの好きな食べ物のランキングの上位に料理はまず出てこない。
『またか…』と思っている子供も実は多いんです」と、同社広報室の山田友紀子さん。

 そこで子供が喜んで食べる料理として、カレー鍋に着目したという。
「野菜嫌いの子でもカレーに入れれば食べる」というのはよく聞く話で、
子供に野菜をたくさん食べさせるという点でも、カレー鍋の効果は絶大のようだ。

 また、“締め”にご飯を加えて粉チーズをかけ、カレーリゾットにしたり、
うどんを加えてカレーうどんにしたり。そんな楽しみ方も人気につながっている。

子どもはカレーが好きですよね。
わが子たちは何故か小さい頃からカレーライスだと喜ばない・・・
夫は大好きなようなのですけど、私も好きなほうではない。
夫以外は、カレーに限らず、単品料理は比較的好みではないので
少しづつのおかずが沢山の和食が好きなので、
我が家ではカレーライスが数ヶ月に1度しかでてこない。
沢山の野菜もはいっていて、作る側からするとカレーって
とっても おたすけメニューなのですが・・・・


 ≪CMが発端に≫

 富山の名物料理「ブリしゃぶ」は、テレビCMから火がついた。
俳優の佐藤浩市さんらがキリンビールの「キリン一番搾り」で、
またミツカンのぽん酢「かおりの蔵 丸搾りゆず」では俳優の
佐々木蔵之介さんとタレントの天野ひろゆきさんらが、
和気あいあいとブリしゃぶの鍋を囲む。

 ブリは「鰤」と書くとおり、天然物はこの師走に旬を迎える。
寒さが厳しい真冬は「寒ブリ」と呼ばれ、身が締まり、脂がのって特に美味で知られる。

 生鮮食品専門のコンサルティング会社、エバーフレッシュ研究所の代表、
堀内幹夫さんは「ブリは全生産量の7割以上を養殖が占めていますが、
養殖技術が進み、味も天然物と肩を並べるまでになっている」と説明する。
さらに「養殖は天然物と比較すると、1年を通して脂が多いのが特徴。
さっと湯にくぐらせ、表面の脂を落として食べるしゃぶしゃぶにはぴったり」と話す。

 家庭で楽しむ際は、ブリは刺し身より
やや薄めの3~5ミリ厚さにスライスするのがコツ。
鍋の昆布だしにさっとくぐらせ、霜降り状態のところをぽん酢で食べる。
ネギや水菜などの野菜を巻いて食べると、よりさっぱりとして、
食感も楽しめるのでお勧めだ。

ブリしゃぶも大食いの家族では
材料が高くついて食べられない
そう思えば思うほど食べてみたくなりますね。
我が家では冬になると3日間ストーブの上で煮込んだ
おでんが何度も登場します。
しっかりしみた大根は絶品です。
夜になると玄関に置き、一度冷まして味をしみこませ、
翌朝からまたストーブの上でゆっくり味がしみていきます。
手軽で経済的なのですが冬は我が家の人気メニューです。
お子達も冬になると おでんは いつ?と楽しみにしています。
そろそろ、だしをとって下ごしらえしましょうか


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/107257 )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。