【世界危機遺産】ドレスデン・エルベ渓谷・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【世界危機遺産】ドレスデン・エルベ渓谷


【世界危機遺産】ドレスデン・エルベ渓谷(2)

久々です、世界遺産の話しを取り上げるのは・・・
個人的に私達家族は世界遺産ツアーに行きたい夢があります。
夢で終わってしまうのは目に見えていることなのですが、
一度は訪れたいドイツの都市ドレスデンの世界遺産
危機遺産に指定されてしまい、今後、世界遺産登録リストから除去もありうるなんて・・・
是非、解除されるといいのですが・・
取り巻く環境問題から危機遺産となることが予想される遺産はまだまだあります。

ドイツの都市ドレスデンの世界遺産

ドイツの詩人、ゲーテは宮殿や古城などが立ち並ぶドレスデンを
エルベ川のフィレンツェ」と表現した。そのエルベ川沿いのアルブレヒト城は、
プロイセン王子アルブレヒトのために建てられたローマ・トスカーナルネサンス様式の
建築物だ。世界的に有名なマイセン磁器の技師が、その技法を漏らさないために
幽閉された場所としても知られる。1925年にドレスデン市の所有となった。
危機遺産エルベ渓谷周辺にはこのような貴重な建物がある。


エルベ渓谷の名所はいくつもあります。城と歴史ある村落で有名なピルニッツや
ロシュヴィッツ 、ブラウエス・ヴンダー橋 、ドレスデンケーブルカー、ドレスデンモノレール
などの19世紀来の技術関連の施設・交通、そしてブリュールのテラス 、
ゼンパー・オーパー、カトリック旧宮廷教会 などを含む歴史地区。

2006年に危機遺産に登録されたと聞きました。
理由は交通渋滞の解消のために、エルベ渓谷を渡る橋の建設が計画されている
ことにだそう。世界遺産委員会は、橋が建設された場合、橋によって景観
拡がりが分断・限定されてしまうと判断している。そして、それによって一帯の
文化的景観が損なわれた場合、もはや世界遺産としての「顕著で普遍的な価値」は
認められないとの認識が示されている。

2006年6月20日には、市議会は橋の建設のための最初の入札を差し止めた。

2007年の第31回世界遺産委員会でも継続審議された結果、
ひとまず世界遺産リストからの除去は見送られた。ただし、橋の建設計画が完全に
差し止められたわけではないため、危機遺産登録も継続されている。

この景観問題では都市化が進み、また便利になる一方でおこり得ること。
日本の原爆ドームも、すぐそばにドームよりも高い建物が建ち、
景観問題で危機遺産の心配があちらこちらで話題紛争していたことも
記憶に残っていると思います。
これから、内乱や環境破壊で維持できない世界遺産もあることをわかってはいますが、
環境問題については取り組むスタートの遅さ、
前へ進むスピードの遅さ、国同士のつつきあいに自然は待ってはくれない。


(引用:イザニュース
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/109335/ )


スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。