小学校にタブレットPC1300台 基礎学力・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校にタブレットPC1300台 基礎学力


[CNET Japan] 和歌山市とMSが小学校にタブレットPC1300台導入、基礎学力向上目指す

和歌山市とマイクロソフトは10月5日、学校の情報化に向けた連携事業に合意した。和歌山市のすべての小学校に合計1300台のタブレットPCを導入し、児童の基礎学力向上に関する共同研究に取り組む。
市内の小学校に納品されたタブレットPCは富士通の「LIFEBOOK」。研究協力校の一つである和歌山市立有功東小学校には、コンピューター室に35台が設置された。

うらやましい・・・お子の学校ではPC室に2~3人で1台の設置。1時間PCの時間があっても触れる時間は10分程度。今、家庭にはほとんどあるのでしょうけども授業となると また別の話ですよね。家庭にもどれば家族皆で使いますしね、やはりここでも触れる時間は限られてくるでしょう。

授業中には一人一台のPCを使って漢字練習などを行う。専用のペンで直接画面に文字を書き込むと、筆順やハネ・トメ、画の交差位置などが判定される。教員側は児童ごとの学習履歴および進捗状況をグラフで確かめられる。
左利きの児童に考慮して、漢字を書き込む欄が画面の左端に表示される専用のインターフェースも用意されている。また書き順を確認したいときには、正しい筆順に沿って漢字が書かれる様子が画面上で再生されるなど、紙の学習帳にはないPCならではの機能を多く備える。

それは学力向上につながるのか。実際に筆圧がなくてどうなのか賛否意見がわかれるでしょうが、書くことは退化しないのかな・・・

児童にPCを使った授業の感想を聞いたところ、「書き順がわかって使いやすい」「紙より勉強しやすい」と気に入っている様子。教員から見ても「PCを使った授業のときは集中力が高くなる」。教員から問いかけられると積極的に挙手を行っていた児童たちだが、一度PCに向かうと教室内は静まり返る。漢字練習は没頭するタイプのソフトだという。

こういうときの子どもの集中力はすごいですよね。
よくもあんなに長い時間も!と思います。
それよりもPCによって集中力が高まるのはよい点でしょう。
ただ反対のよくない点は問題視されていないのが気になります。
事には必ずよい点も悪い点もあるはずですよね。
それをどちらの点から見れるか、個々の問題でもあります。
試験的な結果がまだでていないので今後のニュースを注目したいですね。



和歌山市では、マイクロソフトとICT教育推進プログラム協議会が共同開発したe-Learning型の研修カリキュラムを導入し、小中高等学校の教員を対象に1年間で延べ700名にオンライン研修を実施していく。


この結果をみて生徒も教師もどうするか。親はどう思うか。
結果が良と判断され、あちらこちらで取り入れ、
ついていけない教師も増えてくるでしょうか。
また遅れて教師の育成問題もでてくるのでしょうか。
どちらの結果であっても プラスマイナスの両方を是非公表していただきたいですね。

(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3337101/  )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。