親子でケータイ これだけは!【ルール編】・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子でケータイ これだけは!【ルール編】


親子でケータイ これだけは!【ルール編】

「ケータイを持たせたら、知らないうちに犯罪やトラブルに巻き込まれないかしら……」
「つい使いすぎてお金がかかるのでは?」。
お子さまにケータイを持たせるにあたって、やはり不安なのが、犯罪やトラブル、
利用料金に関することなど。しかし正しい知識を持っていれば、問題はありません。
必要に応じて、通信事業者からの対策も上手に活用しましょう。

うちは田舎なので携帯をもっている子どもの数は少ないです。
わが子に関しては小学生のときから持たせていました。
子どもに持たせるのは賛否両論があると思います。
我が家に限定して言えば、本当は持たせたくなかったのが心情ですが、
親が共働き、習い事や塾に通っていて、お迎えなどがあることや、
一番は世の中物騒になっている点でした。料金も最低ですし、
決められたところ以外は電話をつかわない、メールアドレスも教えない、
ネットへはつながない。
契約の時に制限をかけられますがうちは子を信じてかけていません。
小学生の頃からの約束を今でも守ってくれているので、料金は最低ですし、
ネットへもつながないので、今のところ特に問題はありません。
きちんとした約束のもとで持たせて活用するのならいいのかなと思います。
しかしながら、

小学生のときからメールをやりとしている同級生もおり、
夜遅くにメールがきたり、それが原因でイジメがあったりと
トラブルは聞きました。わが子のキャラでしょうか、メルアドを教えなくても
何も問題はなかったようです。母に禁止されているからと言ったようです。
母がおっかないのは皆知っているからだという話もありますけど(笑)
ともあれチェーンメールなど嫌なことに巻き込まれることもあるのは事実です。
わが子の取り巻く環境・友人関係・子ども性格をよく考えたうえでの所持と
契約内容を検討することは必要かもしれません。
子どもって家と外では別の顔をもっています。子どもが学校・外では
どのような人物にうつっているか、客観的な視点が見極める上でも大事だと思います。



「できればケータイを持たせたくない」保護者に対し、もはや「ケータイを手放せなくなりつつある」子どもたち。
今はケータイを持っていなくても、お子さまがケータイを手にする日はそう遠くないかもしれません。とはいっても、私たち保護者の目の届かないところで利用される可能性が高いのもケータイの特徴のひとつです。ケータイを手にした時、犯罪やトラブルに巻き込まれるようなことがないためにも、最低限のマナーやルール、利用方法を伝えておきたいものですね。


そうですね、実際中学生になったころは、ほとんどの子が持っていました。
逆に持っていないと仲間はずれになったりアドレスを教えないとイジメにあったり、
教えてもメールでのイジメ攻撃にあったりと、周囲から聞きました。
どのように対応すべきか、このあたりも
日ごろからお子さんとの対話は重要になると思います。


ルール1 ケータイの利用目的
なんのためにケータイを持っているかを明確に。
Webサイトの閲覧やゲームなど、ケータイに付いているいろいろな楽しい機能。
それはいつも時間やお金と引き換えになることを、子どもに理解させておきましょう。
「家族同士での通話」「塾帰りにメールで連絡」など、自分がどのような目的でケータイを
持っているのかを常に意識させ、責任を持って利用させることが重要です。
また利用状況に合わせた料金設定やおトクな割引プランを活用することで、
よりかしこくケータイを使うことができます

ルール2 大切な個人情報
個人情報を入力するWebサイトの信頼性と利用目的はしっかり確認。
Webサイトに住所や名前、メールアドレスなどの個人情報を安易に入力すると、
迷惑メールや架空請求の被害、犯罪などに巻き込まれる可能性があります。
また、ケータイそのものにも、家族や友人の個人情報(電話番号やメールの記録、
撮影した画像)など、大切な情報がたくさん詰まっています。
個人情報の大切さについては、ぜひご家庭で話し合ってください。お子さまが小さいうちは、個人情報を入力するときにおうちのかたのフォローも必要ですね。

ルール3 著作権や肖像権
人や物を撮影する場合には、必ず相手や持ち主に了解を。
いつでも気軽に撮影できて、とても楽しいケータイのカメラ機能。でも、どこでもなんでも
勝手に撮影してよいわけではないことをしっかり教えてあげてください。商品や展示物、
人物などを無断で撮影すると、「著作権」や「肖像権」を侵害する恐れも……。
また、「物」だけでなく「情報」も商品です。コンビニエンスストアや書店などで、
購入していない書籍や雑誌に掲載されている「情報」の無断撮影は、
「デジタル万引き」となってしまいます。

ルール4 利用者をだます悪徳業者
知らない人からのメールは無視。受け取らない対策を利用して。
お金をだましとろうとしたり、個人情報を不正に利用したり、アダルトサイトに
誘導したりする悪徳業者の手口がどんどん巧妙になっています。
知らないメールアドレスから身に覚えのないメールを受け取った場合は、とにかく無視し、
すぐにおうちのかたに相談するように約束してください。
「身に覚えのないもの」には、「お金を払わない」「返信しない」
「メール本文のURLにアクセスしない」など、ご家庭でルールを決めることをお勧めします。

そのものよりも物騒な世の中の心配であれば、
セコムをもたせるなども ひとつの方法かもしれません。
携帯電話は学校に持たせるのを禁止しているところがおおいですしね、
それであれば目的を達さないわけですからね・・・


(引用 ライブドアニュース 
http://news.livedoor.com/article/detail/3434204/)

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。