【ストップ温暖化 地球と家計の冷やし方】電気代の無駄も大掃除・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ストップ温暖化 地球と家計の冷やし方】電気代の無駄も大掃除


【ストップ温暖化 地球と家計の冷やし方】電気代の無駄も大掃除

2007年も残すところあとわずか。新年を迎える前の大掃除は、もうお済みでしょうか

年末の大掃除というのは日本くらいではないかと聞いたことがありますが、
諸外国では日常掃除をしているので、大掃除は必要ないとか。
それは、日本だって毎日掃除していますよね・・?
この時代でも、やはり年末は大掃除をすると答える方が多く、
やはり隅々まできれいにして新しい年を迎えたいと思うのは
日本人であれば消すことが難しいことかもしれませんね。
いつも早めに開始しよう!と思いつつ、なぜか年末の忙しい時期まで
急な仕事がはいり、なぜか30日まで仕事をすることも多いので
年末・正月はとにかく忙しい・・・・皆さんはもうおすみですか?


今年の汚れと一緒に、家庭内の余分な電気代もすっきりさせてみませんか。
今回は、大掃除で家庭内の省エネができるポイントをご紹介します。
まず、掃除機をかける際は、あらかじめ部屋を片付けておき、一気にかけてしまいましょう。

当然だと思いますが・・・?どうですか?我が家では物が置き去りになると
母の罵声が飛び出します。捨てられてしまいますので(笑)


何度もスイッチを入れたり切ったりすると余分な電気を消費します。また、
掃除する場所によってスイッチの強弱を切り替えると消費電力が節約できます。
カーペットの上は強、畳の上は中、といった具合に上手に切り替えスイッチを利用すると
省エネにつながります。

 リビング掃除の中でも照明器具は高い省エネ効果を見込めます。
照明のかさやカバーが汚れると、明るさが低下するので忘れずに掃除を。
また、大掃除の際に電球の交換を行うご家庭も多いかと思いますが、
白熱電球を使っている場合は、これを機に電球型蛍光ランプへの買い替えを検討しては
いかがでしょう。蛍光型ランプの寿命は白熱電球の約6倍。電気代は4分の1以下に
おさえられ、1年間で電球1個あたり約1800円の節約となります。

 テレビの画面の掃除もお忘れなく。静電気でホコリを寄せ付けやすいテレビ画面ですが、
こまめに掃除することで画面の輝度を上げなくても明るさを保つことができます。
ブラウン管は傷つきやすいので、柔らかい布で拭いてください。テレビの輝度を「最大」から「中央」に調節することで、年間約660円分の省エネになります。

 賢い大掃除で電気代の無駄もすっきり落とし、より地球に優しい家で
2008年を迎えましょう。(うちエコ研究会)

(引用:イザニュース
 http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/household/112013/)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。