寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで!?・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで!?


寿命が10倍に延びる技術を開発、人間の場合は800才まで寿命延長が可能に

この記事を読んでゾクッとしたのは何故でしょう。
自分は、長生きしたくない派。健康でお金もあり、周りに迷惑もかけずに
楽しく暮らせるのならいい。ですが、自分達の行く末を考えると
どれも難しいであろうという現状。それであれば太く短く生きたいといつも思う。
生きることとは、なんぞやと問いたくなります。


南カリフォルニア大学の科学者が発表したところによると、イーストのバクテリア
(要するにパン酵母)の寿命を10倍に延ばすことに成功。この方法は人間にも
応用できるので、寿命が80才の場合は800才ぐらいまで延長可能だそうです。・・・
この技術は2つの遺伝子(RAS2とSCH9)に手を加えることによってカロリー摂取を
削減できるというもの。エクアドルで既に人間を対象にした実験に入っているとのこと。
また、現時点では明確な副作用などもなく、これによってガン細胞の増殖を人間の場合は
抑制できるそうです。国立老化研究所(NIA)に所属するAnna McCormick氏によると、
この10倍まで寿命を延ばすというのはかなり有意なものであるとのことです。

この技術が完成したら、世界はどうなるのでしょうかね……。

今、地球温暖化問題の原因であること。
人がまいたものが温暖化を進め、生態系を脅かしていることも事実。
むろん、人が増え続ければ(長生きすれば)、生活の中で
さまざまな要因を削減できない。人口が増えている地球では、
この先もさらに温暖化を進めるであろうという予測の上で、
さらに魔女のように長生きしていくのでしょうか。
現在でも意識もなく生かされている現状。
家族からすれば、それでも生きていてほしいと思うのはわかります。
それは年令的なことで、思いは異なりますが、
自分の他界した祖母を思い出すと、高齢の方だけに言及して
ただただ長生きすればいいってものではないと、つくづく思います。
私の母方はとにかく長寿。でも祖母は死にたいと泣いていたことがありました。
周りに邪魔にされていると感じ、それでも生きていなければならない。
温厚で仏様のような祖母でしたし、とにかく働き者でした。誰も邪魔にはしていない。
人には寿命というものがあり、逆らいながら生かされるのは
決して幸せではないと思います。
研究や科学・医療の発達に目をみはることが多いこのごろ、
聖域というべきなのでしょうか、命まで操ることができるのは恐ろしいことではないか。
そう感じずにはいられない記事です・・・・・


(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3470472/)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。