あいさつせずに「うん」だけ ・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あいさつせずに「うん」だけ


あいさつせずに「うん」だけ 「『うん子』かと怒鳴りたい」

学校で配布された「学校だより」に掲載された校長先生のコラムが波紋を呼んでいる。あいさつをきちんとせずに「うん」としか言わない子どもが多い現状に対して「おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなる」などとつづったものだが、保護者などから「言葉遣いが不適切」「気分が悪い」などと苦情が寄せられたというのだ。その一方で、教育委員会や学校側に寄せられた意見は、校長に同情的なものもあるようなのだ。


今は学校もある意味注目されているではありませんか。
学校での事故・不祥事などもあるのでね、
教育者トップとしては 言葉遣いだけでいうと批判されてしまうかもね。
こんなときだからこそ もう少し言葉には注意は必要だったかもしれません、
不適切と思う方はおおいでしょう。
ただね、中身を読むと たしかに今は挨拶もできない子たちがいるのは確かです。
みんなではありませんが その学校単体・地域での差もあるでしょう。
挨拶だけでいえば
先生から挨拶しているのに返事もしない子がいるのも事実。
目上の人から挨拶しているのにその態度は なんだーーー!と
お怒りの先生もいると 聞いたことがある。
少し思うことは、子どもだけではなく大人も挨拶できない人がいるよね。。。と


発端となったのは、横浜市立西寺尾小学校(同市神奈川区、児童数407人)で2007年9月28日に配布された「学校だより10月号」。毎月各家庭に1枚ずつ配布されるもので、毎号校長が文章を書いている。10月号は約320枚が配布された。同号に掲載されたのは、「うん子」というタイトルの、あいさつの重要性を訴える文章で、「元気な『はい』という返事はとても気持ちのいいものです」との書き出しで始まる。その一方で、現状では必ずしも「はい」という明朗な返事が多くはないことを指摘。さらに、
「『分かったのかな』と聞くと『うん』。もう腹が立ってきて『うん、じゃなくてはいでしょ』と言うと、やっぱり『うん』。おまえは『うん子』かと怒鳴りたくなるわたしのこの気持ち分かってもらえますでしょうか」

と、「うん子」という独特な表現で、自身のいらだちを表現している。また、文章中には、

「(用事を頼む時に)『ええ!わたし?』とか、『どうして?おれ!』とか言われると、何だこいつは!どついたろか!という気持ちになってしまいます」

と、「どつく」と、少々穏やかではない表現も含まれている。


これはねそうかもと思う。
以前読んだ書籍に現代のこのことが書かれていた。
今は、おれが わたしが と I を協調する。
おれはこれだけやっているんだ。
なぜ私だけ と
主張することで己を守る社会風潮であると。

人はいいんです、自分はこれだけ かわいそう とか。

それは子どもの世界の話ではなく
全体の社会の中で、
夫は妻に 
妻は子どもに と家庭でも現象がみられるようだと。
そう思えるような周囲もたしかにいるかもしれないけどね、
どうしても プラス面よりもマイナス面が大きくクローズアップされてしまうから
皆がそうなんだと思ってしまうのかもしれない。
多くはなったのかもしれないけど、そればかりではないような気がする。


横浜市の教育委員会にも、現時点で5件の意見が寄せられた。ただ、同委員会小中学校教育課によると、「表現が不適切で、改めるべき」という声がある一方で、

「そもそもあいさつの問題は、家庭しつけるべき話。(議会で取り上げられたが)今回の件は『大事件』だとは思わない」

と、校長を擁護する声も寄せられたという。


そうそう教育は家庭でのしつけが前提であり
学校は協調性・社会性を学ぶ場でもある。
なかなか しつけのできないところがあるのも事実であり
それを学校には望みすぎることもあるかも。
・・・見えないこともある・・・・
子どもは外と内では違うことがありで
家庭ではいわゆる いい子。親は子を信じているし心配もしていない。
でも外では別人であれば 話を聞いても 信じられない。
それはそうなんですよ、実際に、それでトラブルが生じることもある。
昔のように 親以外の人が叱ってくれるような時代にもどらなければ
この問題は難しいのかな。

(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3340137/  )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。