全国学力テスト成績、全都道府県が公表せず・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国学力テスト成績、全都道府県が公表せず


全国学力テスト成績、全都道府県が公表せず

今年4月、小学6年と中学3年を対象に実施された全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果について、47都道府県すべてが、文部科学省から提供される市町村別や学校別の成績を公表しない方針であることが、読売新聞の調査で分かった。


これな、うちのお子の中に当てはまる学年があって受けたのだけどね・・・
親としては知りたい!
とかく学力低下を言われ(確かに低下しているw、全体に)
試験も基礎的な問題と少々難しめと
同じ教科で2時間あったみたいで。


主な理由は「序列化や過度の競争を防ぐため」で、全都道府県が、住民から情報公開請求があっても「原則不開示にする」としている。一方、データの提供は当初予定より1か月半以上遅れており、「結果を分析する時間が足りない」と、各教育委員会などで不安が高まっている。


ちょうど、この学年たちは
ゆとり教育をもろに受けてしまっている学年。
6年生は1年生にあがるときに ゆとり教育
中3は小4にあがるときに、これからが大事なときに ゆとり教育
結果、学力はあがっているなんてこともいわれたりしているが
結局、このゆとり教育の中で伸びている子は 親が熱心に心配してた過程。
親が勉強をみるなり塾にいかせる、家庭教師をつかうなど
なんらかの学校外での勉学があってのことです。
この学力テストのあとに 学校での学力テストがあってね、グラフになって
知りたい親は聞いたけど、お子の学年をみてみるとトップクラスが片手でたりるほどの数名。
まぁ、低レベルの学校だからなんだけど。(学区制なもんでね、選択できない地方だから)
その下に少しだけぱらぱら。
そのあとの中間層がまばらで
中間より下にど~んと固まっていた。
これは何を意味するかといえば家庭の力で子の学力にも完全に差がひらいているということ・・・


文科省は、学力テストの平均点や問題ごとの正答率などを、国全体と都道府県別に分けて公表する一方、都道府県教委に、各都道府県のデータに加え、管内の市町村や学校のデータを提供する。さらに、市町村教委には各市町村と管内の学校のデータが提供され、各学校には学校のデータのほか、児童・生徒一人ひとりの成績表が配られる


早く見たい。
学校内では気にならないが 全国的な力としてどうか。まだ補助できるなら早く復習したいところ。
全国だから人数も多くて早くは無理なんでしょうが 結果を知るのはは少々遅いと親は思う。
過度の競争を防ぐというのも 納得できるが
正直に言えば 熱心な親ほど好評してほしい。
余力のある家庭は学校ごとのデーターをみて
越境なり手をつくすでしょうからね。
昔から競争の激化はあり 今は表面にだしていないだけで
上の家庭の中では、水面下で昔以上の競争があるということを
誰でも知っているわけではない・・・・


(引用:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071012-00000202-yom-soci  )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。