米研究チーム、魚も不眠症になることを発見・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米研究チーム、魚も不眠症になることを発見


研究チーム、魚も不眠症になることを発見


[ロサンゼルス 15日 ロイター] 米スタンフォード大医学部の研究チームは15日、魚にも不眠症になる種類がいることを明らかにした。


これは面白い!魚にそんな神経をもつ種類がいたのか。
そうだよね、活魚(マグロとかサメもそうだよね)は
ずっと泳いでいなければならないというのだから←サメは海水の濃度でとまるけど、マグロは?
他の魚とは少々違うということは、裏をかえせば
睡眠にかかわるような神経系統があるということですよね。


人の睡眠障害を研究している同チームだが、観賞魚として飼われることも多いゼブラフィッシュの一部には、人間の不眠症に似た状態をもたらす突然変異遺伝子を持つ種類がいることが分かったとしている。
この遺伝子を持つゼブラフィッシュは、食欲や睡眠などに関連する神経伝達物質ヒポクレチンの受容体が欠如しており、睡眠時間がほかの仲間に比べて30%少ないという。
 ゼブラフィッシュは、飼育にかかる費用がマウスよりも安価であり、ショウジョウバエにはない背骨を持っているため人間の神経系統を研究する上でより良い実験用生物として人気が高まっている。


それはそうでしょう。。マウスよりも飼育費用がかからないのはね。
でももしこれで研究が進められれば また新たなことがわかるかもしれませんね。
むろん、人とは異なる細胞でマウスよりも限られた研究しかできないでしょうが、
神経系統って、いまだにわからないことが多いではないですか。
脳ほど未知数ではないかもしれませんが
神経のコンセントといわれるような部分に障害がおき
それが何でなるのかも今もわからず難病にかかる方もいます。
少しでも手がかりになるような研究結果が得られればいいですね。

でもマウスも魚も人の勝手で実験に使われるのもかわいそうですが・・・


(引用:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071016-00000685-reu-ent  )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。