<アレルギーぜんそく>マウスの治療に成功・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<アレルギーぜんそく>マウスの治療に成功


<アレルギーぜんそく>マウスの治療に成功 理研が世界で初


これはすごい!
今、こんなに医療が進歩している中で
免疫に関する治療については、今もなおさほど昔とかわらない。
吸入に気管支拡張剤。時に希望する方は漢方も併用。
遺伝子レベルで組み換えなければ
どうしたって無理なんだろうね、なんて家族で話をしていたこともあります。
不思議なんですが、免疫の部分がからんでいるのか
喘息をもっている方はアトピーにも苦しんでいる方が多いですよね・・・


白血球の一種で、体の免疫機能の司令塔となっている樹状細胞の働きを調整し、
マウスのアレルギーぜんそくを治療することに、
理化学研究所の研究チームが世界で初めて成功した。
チームはヒトの樹状細胞にも同じような免疫調整機能を持たせることに成功しており、
ヒトでも同様の治療ができる可能性がある。


この研究結果は今後に期待ができます。
ただ細胞に調整機能を持たせるということは
外からの治療では難しいということでしょうか。
ということは、アトピーの治療にも同じように研究できるということでしょうか。
今、大人になってからでも突然、喘息になるかたもいます。
環境も変化し、食についても変化し、
見えないところで、人の細胞も変化しているのかもしれませんね(おおげさ?)。
これからこの病気でつらい思いをする方が減るとは思えませんので
是非、この研究結果の今後に期待します。


(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3348856/  )
スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。