セアカゴケグモ注意!・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セアカゴケグモ注意!


セアカゴケグモ急増 大阪府は過去最高 異常気象影響か


強い毒性をもつセアカゴケグモにかまれる被害が広がる気配を見せている。
大阪府内では今年に入って6件6人の被害報告があり、過去最高の昨年と並んだ。


このセアカゴケグモって もともとは日本に生息していなかったはずですよね。
1995年に大阪で発見されて以降、その他いくつかの地域でも見つかっている外来種。
和名は、「背中の赤い後家蜘蛛」 


夏季に活動するとされるが、今年は気温が高いことから、
10月になっても被害が続いているのが特徴で、
これまで報告がなかった府県で被害が出る恐れがあるという。
専門家も生息の拡大を指摘しており、
近畿の自治体では一般市民対象の研修会を開くなどの対策を始めた。


このクモはもともと、熱帯か亜熱帯に生息しているクモのはずです。

セアカゴケグモは国内では平成7年11月、大阪府高石市の工場敷地で初めて確認され、
兵庫や和歌山、奈良など近畿地方を中心に広がり、愛知や群馬などでも確認されるようになった。
特に最初に見つかった大阪府では、府北部の一部地域を除いて全域で見つかっているという。

こうした分布の広がりとともに被害も増加。
府に寄せられた被害報告は9年から17年まで計5件5人だったが、昨年は過去最高の6件6人。
今年はすでに昨年と並び、最多記録を更新する可能性が出てきた。


もともと熱帯などに住むため、例年、被害が報告されるのは9月までだったが、
今年は今月14日に同府熊取町の主婦(40)が自宅の庭の手入れをしていたところ、
左手の指をかまれ、10月になっても被害報告が寄せられた。


越冬しているという説も有力らしいですので、どうか気をつけてください。


 府環境衛生課の担当者は猛暑の影響で秋になっても気温が下がらない異常気象を指摘、「秋が深まるにつれ、活動は鈍ってくるはずが、今年は続く可能性がある」とみている。

「素手でさわらない」「かまれたら病院に連絡する」
専門家の1人は「セアカゴケグモの分布は間違いなく広がっている。
かまれた場合、死に至ることもあり、あなどってはいけない。
危険を回避するため、セアカゴケグモの生態や対処方法をよく知っておく必要がある」としている。


少し調べてみましたが、本来、性格はおとなしく、
手で直接触ったりしなければ咬まれることはない。とも聞きます。が
当方が思うに、本来存在する地ではないところで育てば性格だって
かわることもあるでしょう。といいすぎではありますが、
今後はまた生態系もかわってくるでしょうし、天敵など日本にいるのかどうか。
そのことも考えると、やはり気をつけることが最善ではないかと思います。
セアカゴケグモの発生した地域の医療機関で抗血清を準備しているところもあるそうです。
咬まれた部位は、ちくっとした痛み、あるいは激しい痛みを感じ。
その後、咬まれた場所が腫れ、全身症状(痛み、発汗、発熱など)が現れる。
咬まれたら、特に子供は、医療機関での診察が必要である。
とのこと。

近くの方はどうか気をつけてください!

(引用:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071018-00000916-san-soci  )






スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。