早大「日本語の文章講座」・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早大「日本語の文章講座」


新入生に「日本語の文章講座」、論理的思考力を育成…早大

学生の“日本語力”を引き上げようと、早稲田大学(東京都新宿区)では、
来年度から、新入生を対象にした「日本語の文章講座」を行う方針を決めた。
理路整然と話したり、書いたりすることが出来ない学生が増えているためで、日本語で論理的に表現する力を身につけさせるのが目的。数年後には、約1万人の新入生全員を対象に実施したいとしている。


日本語ですか、これは早稲田に限らず、
全体に(大人も)日本語は変化していますよね。
早稲田といえば、あの方で盛り上がりましたが、
個々の進学塾等で一般の生徒からのランキングをつけてもらうと
早稲田は人気ベスト5までに入っていることがおおいですよね。
それでも専門的な分野でアンケートをとると
ITや英語などの力がつきそうなランキングではベスト3には
入っていないことも聞きます。
このような外部でのイメージも念頭にあるのでしょうか?




早大ではここ数年、「学生たちの論理的に考え、
表現する力が落ちている」といった指摘が教員らから相次いでいた。
ある教授は、「ゼミで議論をしても、自分の思いこみや考えを言いっぱなしの学生が多い。
意見の論拠や、反対意見よりどう優れているかなどをきちんと説明できないので、
議論が深まらない」と嘆く。 


これは大学生だけの問題ではなく、
現代の子どもたちも
自分の意見を言えないですよ・・・
それもみんなと歩調をあわせた意見でなければならないような
そんな感じなんですよね。
これも意見を言うことが悪いような、
またそれを別の意見として
認めることが周囲も拒むような子がおおいです・・・
小さいころからの教育も見直しがひつようではないでしょうか。
単に国語力だけの問題でもないような気がします


(引用:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071019-00000507-yom-soci )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。