入社半年で「辞めたい」が40%・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入社半年で「辞めたい」が40%


入社半年で「辞めたい」が40%

「仕事通じて成長できない」が理由 民間の人材サービス会社の調査によると、
2007年新卒入社組のうち40%以上がすでに「会社を辞めたい」と思っている、という。
07年の新卒者は「頑張り屋」で、「早く成長したい」気持ちはある。
でも、会社に自分を成長させてくれる上司や先輩がいない、
となると早く見切りをつける、ということらしい。
ただ、転職しても、その会社に社員を育成する環境があるとは限らないため、
結局転職を繰り返す、という危惧も出ている。

「もともと辞めるつもりで入社した」も40.3%


もともと辞めるつもり というのは少々気になりますね。
確かに入社してみないと
仕事以外のことでも社風があうかどうかもわかりません.
仕事も最初から自分が期待していたことをまかせてもらえるわけもなく
面白さも感じられないでしょう。


調査したのは  

   調査したのは人材サービス会社のシェイク。
07年9月に「入社半年後実態調査」をインターネットアンケートで実施。
07年4月に入社して半年が経った社員409人(男性206人、女性203人)から回答を得た。
それによると、新入社員の71.6%が「どこでも通用するような価値の高い人材になる」と答えたものの、
59.4%の社員が自分の将来に不安を感じていて、「入社半年で会社を辞めたいと思った」人は43.5%いた。
その理由は、「仕事を通じて成長しているという実感をもてていない」が51.9%、
「やりたい仕事ができない」が48.1%、「上司の指示、指導方法が不満」40.4%という順だった。
また、「もともと辞めるつもりで入社した」という人が40.3%もいた。


同社が今回行ったアンケートの担当者は、J-CASTニュースに対し、
07年度の新入社員は、仕事に前向きで頑張り屋が多いが、

「早く成長したいと焦っているのではないか」

と話した。大企業の倒産、リストラを知っていて、終身雇用制が崩壊していることもあり、
「会社は一生自分を守ってくれない」「自分でなんとかしなければならない」という気持ちが強い。
それが「どこでも通用するような価値の高い人材になる」ことを目指す要因になっている。
「もともと辞めるつもりで入社した」というのも同じ流れの中にあり、
会社はキャリアアップのために利用するもの、と考えていて、
自分が納得できる仕事や職場を探す意識が強いのだそうだ


確かに終身雇用が望めないこの時代、
長くいれば給与もUPする時代も終わり、
何が一番必要かと自分に問えば
それはわが身がひとつの商品としていれることでしょう。
ある意味、若者が社会の流れに敏感であり不安であるということではないでしょうか。
諸外国では就職難のために打ち出した対策で
若者は最初見習いで期間契約で就職
いくつかまわりながら最終的な雇用先を探すところもあります。
期間契約のあと、そのままそこにとどまるかは
雇用側も雇用される側も選択ができるということは
双方にとって最良の雇用形態ではないでしょうか。



(引用:ライブドアニュース http://news.livedoor.com/article/detail/3352750/  )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。