国民皆保険のありがたさ・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民皆保険のありがたさ


【コラム・断】国民皆保険のありがたさ 

日本のように国民皆保険でないアメリカでは、
民間保険会社から企業や個人が健康保険を買う制度になっている。
全人口の約15%、4700万人が無保険者といわれる。

ましてや保険をもたない人は悲惨だ。
保険代が払えない人だけでなく、既にある病気のために保険を買えない人もいる。


皆さんはご存知でしょうが、
アメリカでは日本のような健康保険制度がありません。
よく、海外旅行をするときは
常備薬はもっていくように!なんて話をしますよね。
ですが日本にだって健康保険に加入できない、いえ
諸事情により保険料を支払えない方もいるんです。
それを考えると、
かならずしも、絶対守られているわけではないのでは?
と疑問になります。



私は日本の問題点を指摘するためにアメリカのよい面をあげる手法をこのコラムでとっているが、
どの国もどの制度も一長一短なことは当然である。
日本の制度にもアメリカがかなわない良さがあり、
国民皆保険制度はその一つだとアメリカの制度を身をもって知ったからこそ、心底思う。


たしかに制度としてかたちでは守られています。
一般にお勤めしている方は会社で社会保険等に加入しています。
それはサラリーマンとして守られている特権でもあります。
給与から天引きされ
高いな~なんて思われているかとおもいますが



国民健康保険はそんなものではありません。
自営業の方などもそうですが
保険料が高くて支払うことができず、病気でも病院にいくことができない方も
実はたくさんいるんですよね。
それを聞くと、これは制度としてなりたっているのかどうか
不安にもなります。
歳をとってから、病気をして働けなくなったら、
そう思うと不安にもなります。


もちろん日本の保険制度も問題点山積である。
アメリカで受けられる医療を日本の保険がカバーしていない。
医師の技術料が低いので、3分診療や無駄な検査・投薬が増える。
しかし、制度の内側にいると問題点にばかり目がゆき、誰もが保険をもてることのありがたさを忘れる。

 年金問題に国民の目がいく陰で、
日本の健康保険制度にもアメリカのように営利を目的とした
民間保険会社が参入する可能性が論じられている。年金ももちろん大事だが、
保険制度は命に直結する。これからの日本がどんな保険制度を採用していくのか、
お役所まかせにしてはならない。(評論家・井口優子)


最近付き添いでいった病院内で
あるポスターを目にしました。
国民が平等に受診できないような健康保険制度改革に反対
という内容でした。
なぜそのような文面がでているのか、
今、この制度のどの点に問題があるのか。
このような制度の見直しをかけ
何かの盲点がでてきているのか。
どこを調べても当方では気がつく点はありませんでした。
難しいですね・・・
残念です・・・もう少し国民にわかりやすく
何が今どうなっているのかも是非教えてほしいと思いますね。
いずれは年金制度同様、この健康保険制度にも
何かの問題は生じてくるでしょう。
高齢化にともない、必ずおきる問題だと思います・・・


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/dan/92831/  )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。