主食のプライド ・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主食のプライド


【勿忘草】主食のプライド


2006年度の食糧自給率が39%に落ち込んだ。単純に考えれば、
私たちの食事の6割は、外国の畑や牧場で生産されたものだということだ。


自国で生産できるのに外国との貿易のため、
お顔をたてるためでもあるが外交のため、
自給自足をできるところを
わざわざ輸入しなくてはならないということもあるでしょう。


 ところが今、その輸入が心もとない。トウモロコシや大豆、小麦といった穀物をめぐり、
世界中で調達合戦が繰り広げられているのだ。
中国やインドなど新興国の消費が旺盛になってきたうえ、
トウモロコシなどから精製する新エネルギー「バイオエタノール」が台頭。
さらにオーストラリアの干魃(かんばつ)による小麦の不作も重なって、
需給は逼迫(ひっぱく)しているという。こうなってくると、
食べ物の6割をよそさまの畑のおすそわけでしのいでいるこの状況が、
心もとなく感じられる。諸外国がいつまでも気前よく売ってくれることを祈るばかりだ。


日本でもがんばれるはず・・・
ただ、冒頭でも述べたことも一部かかわり
また、農家の方の生活を守るため
作らないよう(作りすぎないよう)制限もあるんですよね。
農家を継承していく跡継ぎも少なくなっていますし・・・
いろいろなことが入り混じっているんですものね、
国産はおいしいのに。もったいない!


そんな不安が尽きないのに、私たちがたらふく食べても余るものがあった。
日本人の主食であるだ。農林水産省によると、
今年7月から来年6月にかけてのの需要予測は833万トン。
かたやこの秋収穫されるは873万トン(うち17万トンは加工用)にのぼると見込まれ、
供給過剰の様相だ。長期的に見ると国内のの生産量は減っているのに、
どうしてこんなに余るのか。当たり前だが、ご飯を食べなくなったからだ。
1人当たりのの年間消費量は1962年度の118.3キロを頂点に減り続け、
2006年度は61キロとピーク時の半分ほどに落ち込んでいる。

 わが家には先日、夫の郷里から新が届いた。炊き方に工夫をしなくても、
新鮮な米はやっぱりおいしい。米の鮮度が落ちる夏場は、
プロがブレンドした米を炊いてしのいだだけに、秋の恵みのありがたさをしみじみと味わった。

 無類のご飯好きとしては、喫茶店でもトーストではなくおむすびを出してほしい。
そう思っていたところ、最近日本上陸を果たした「カルローズ」(アメリカ・カリフォルニア産)という米が、
レストランでサラダに仕立てて供されていると知った。
もはや主食とはいえないが「副菜なんて脇役はいや」などと、
わがまま女優のようなことは言っていられない。
需要が減ったことを嘆くばかりではなく、このお米界の黒船から、
新しい食べかたを提案する姿勢を学ぶべきだ。(津川綾子)


当方も大好きお米人間。ヘルシーなんですよ、お米って。
お腹もちもいいですしね。
でしたら お米をお安く提供してくださいよ!と思います←やっぱりこれになる・・・
価格割れをおこすから生産に制限もある日本。
戦後の日本の飢えをしのいできた稲作。
これがなければ日本人も命をつなげなかった人も多くいたのではないでしょうか。
お米が食べられない貧しい家庭は
主食のかわりに じゃかいも や かぼちゃ を食べていたようですが。
最近では健康ブームで白米だけではなく雑穀も口にするようになりましたね。
白米に混ぜてヘルシーな おかず米メニューも流行りましたね。
我が家は全員 お米人間なので たくさん試してみました。
大人気でした^^かなり栄養もありまた体にもよくお勧めですよ。
本当はいくらでも 変化にとんだ メニューを作れると思います。
外国の方は日本の主食米がヘルシーだといって
日本食は人気があるではないですか!
もっと自国の大切な食文化に自信をもってくださいな、と思います。
米人間のぼやきでしかないかもしれませんが
ダイエットにも絶対にお米を推薦します^^
昔よりも15kg痩せて20年近くたつ母からのお勧めです268


(引用:イザニュース http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/cooking/92753/ )

スポンサーサイト
Copyright © ミサンガ自習室~子と話したい~ All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。