Senduit、Xeon なんて読む?・バザー品に、ミサンガをハンドメイドしませんか。親子で対話できる話題・教育問題から気になる話題についてのブログです。

スポンサード リンク―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――



HP・ブログに設置するだけPV報酬制度

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Senduit、Xeon なんて読む?


難読サービスを読んでみる


3分LifeHacking:「del.icio.us」「flickr」「Twitter」「Senduit」「Scribd」――。
普段から使っている漢字だって難しくて読めないものもあるのに、
近頃のアルファベット系サービスの難読度はさらに高まっている。
日本語で英語の発音を表記するのは必ずしも正しくはないが、
恥ずかしくない程度に読み方を覚えておくのは悪くない。


そうそう、当方読めないというか、うん、読めないんだね・・・241
読んでいたけど、あっていたのかどうかわからない というのもありました。
この記事を読んで 少しホッ203
奇跡か、一応あっていたようです。

とにかく読み方がのっていたサイトをみつけたました
「del.icio.us」(でりしゃす)、
「flickr」(ふりっかー)、
「Skype」(すかいぷ)あたりは、もう紹介するまでもない。
最近だと、「Twitter」(とぅいったー)も読めるようになってきた。
徳力基彦氏の連載「デジタルワークスタイルの視点」
でも紹介したファイル転送サービス「Senduit」は「せんどぅいっと」と読みそうになるが、
「せんど・ゆー・いっと」だろう。「u」に「You」の意味を重ねたと見る。
最近耳にしたサービスで難読なのは文書共有サイト「Scribd」。
恐らく「すくりぶど」もしくは「すくらいぶど」ではないだろうか。ご存知の方がいらっしゃったら教えてほしい。

国内のソフトウェアで読みにくいといえば、
なぜか日本語入力ソフトが浮かぶ。

たとえば「Wnn」(うんぬ)や「ATOK」(えいとっく)だ。Mac向けソフトだと「Entourage」(あんとらーじゅ)。Windowsで言う「Outlook」にあたるメールソフトで、フランス語っぽい読み方が難しい。
メールといえばプロトコルの読み方もそこそこ難しい。
「POP」(ぽっぷ)、IMAP(あいまっぷ)と単語っぽく読むのに、
「SMTP」(えすえむてぃーぴー)となると途端に1文字ずつ読み始める。
このあたりは、間違えるとちょっと恥ずかしいかもしれない。


このほか、ターミナルコマンドの「PING」(ぴん、ぴんぐ)、
画像データの拡張子「PNG」(ぴーえぬじー)、同「TIF」(てぃふ)も知らないと読めないかもしれない。
トップレベルドメインの「.org」(どっと・おるぐ)も読めなかったりする。
ビジネスシーンだと最近は「SaaS」(さーす、Soft as a Service)も要注意だ。
特にさーすの「す」は濁らないことを覚えておこう。

 最後に覚えてもらいたいのは「Biz.ID」。そう本誌である。読み方は「びずあいでぃ」。
忘れないでほしいのは、「Biz」と「ID」の間に「.(ぴりおど)」が入ること。今後ともご愛読のほど、よろしくお願いします――。

早速参考にさせていただくのがありました(笑)
そう、どうしても正しいのかわからなかったもので・・・(悲)


(引用:ヤフーニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071022-00000017-zdn_b-sci  )



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。